過去の日記No.22


2004/6/1〜3

ちょっと昔のラジカセ
(SONY CF−1900)

 
蓄音機
Columbia MODEL−NO.109


2004/6/8〜17

昭和30年代のラジオ
(リンカーン 5A−36)


昔の三ツ矢サイダーのビン

分解寸前の
Columbia製真空管ラジオ

2004/6/21〜

電気コンロの使い方
(1950年)


精工舎の扇風機

2004/6/26
精工舎の扇風機

昔の扇風機と言えば代表的なものは芝浦製作所(SEW)のものですが、時計で有名な精工舎(時計の鍵穴にSのマーク)も扇風機を発売していたようです。Yahooのオークションなどにも時々デザインの良いSeikoshaの扇風機が出品されていました。とても入札が多く高値で落札されていました。この扇風機は精工舎のものでも比較的新しいく、あまりデザインも良くないので安物です。しかし、しっかりとした作りで風格があります。真鍮製4枚羽のSeikoshaのものはデザインは抜群です。この扇風機何故か羽の色がペパーミントグリーンで、本体部分とは色の違いがあります。オリジナルの色かどうかはもう少し調べてみないとわかりません。銘板には、SEIKOSHA WATCH & CLOCK WORKS TOKYO と書いてあります。この扇風機はまだ修理をしていません、いずれ修理をしようと思っています。今年も扇風機が必要な季節がやってきましたね。

2004/6/21
電気コンロの使い方(1950年)

今では、ほとんど見かけなくなった電気コンロの使い方をご紹介します。電子レンジやホットプレートや電磁調理器などが普及し電気コンロでお湯を沸かしたり、調理をする機会はなくなりました。熱効率を良くするために覆いをしたり、鍋の形や色まで注意書きがあるところが面白いですね。それから、電熱線が切れたときの繋げる方法まで説明されています。覚えておくと電熱線が切れたときに使えそうです。

2004/6/17
分解寸前のColumbia製真空管ラジオ

関東地方では良い天気がつづきとても暑い日でした。今日の日記は分解寸前のColumbiaの真空管ラジオです。全体としてColumbia製であることは、IFT、スピーカー、ダイアル窓などから明らかですが、型番が見あたりません。昭和20年代後半頃のものでしょうか?キャビネットが壊れかけていますので組み立てて固定する必要があります。真空管はマツダ製が使われていて、80HK、6Z−P1、6Z−DH3A、6D6、6WC5です。シャーシは鉄製でしっかりとしたつくりです。裏蓋が紛失していますのいで、もしかしたら、型番や回路図が書かれていた可能性がありますが、定かではありません。天板が緩やかにアーチ状になっていてちょっとお洒落な感じがします。

2004/6/13
昔の三ツ矢サイダーのビン

梅雨も中休みなので、日記も今日は機械・電気ものから離れて、昔の三ツ矢サイダーのビンを載せます。
三ツ矢サイダーが発売されたのは1907年(明治40年)だそうですが、、名前の起源は平安中期までさかのぼるそうです。詳しくは三ツ矢サイダーのホームページをご覧下さい。小さいときから何気なく飲んでいましたが、三ツ矢サイダーは歴史ある飲み物なんですね。 はじめの頃は外国要人向けの食卓水として生産され、その後工場は民間に移り、「三ツ矢平野水」、「三ツ矢タンサン」と名付けられ一般にも販売されていたそうです。1907年(明治40年)になりサイダーフレーバーエッセンスが輸入され、「平野サイダー」として発売され、後に「三ツ矢サイダー」と名称を変えたようです。 その後、三ツ矢サイダーは、「三ツ矢シャンペンサイダー」と言う名で販売されましたが、日本のマドリッド協定(特定地域で生産されたもの以外、商品名への生産地名使用を禁止した協定)への加盟で1970年に再び三ツ矢サイダーに戻ったようです。ここにある2本のビンは「シャンペンサイダー」と書かれていますので、1970年以前のビンと言うことになるでしょう。残りの1本は30年ほど前のものです。現在の物とあまり変わりはありませんね。右の2本はビンの色に違いが見られます。この2本も製造年代が少し違うかもしれません。ビンの前に置いてるのは三ツ矢サイダーの栓抜きです。これもちょっとレトロな感じがします。

2004/6/8
昭和30年代のラジオ(リンカーン 5A−36)

リンカーンは昭和30年代にキットのラジオを発売していたようです。RINCAN(5A−32)と言う型番の2バンドラジオがキットで売り出されていましたから、この5A−36もキットである可能性が大きいと思います。しかし、真偽は不明です。使用真空管は下の写真の回路図を見て頂ければすぐわかり、12BE6、12BD6、12AV6 35C5、35W4です。このラジオは友人から頂いたもので、小振りの面白い名前のラジオで気に入っています。いずれ修理をして飾れるようにしたいと思っています。昭和30年代中頃は、TRラジオも発売されていましたが、家庭に置いて使うラジオはまだ、真空管式が主流であったのでしょう。

2004/6/3
蓄音機 Columbia MODEL−NO.109

久しぶりに木製の蓄音機を載せます。これは、Columbia製で音符マークのものなので昭和3年以降のものと思われます。日本では1907年に日米蓄音機製造株式会社が神奈川県にでき、日米蓄音機商会を銀座に設けて品物を販売していたようです。その後、日本蓄音機商会となって現在の日本コロンビアになりました。この頃はニッポノホンと言う名で製品をだしていました。日本蓄音機商会のコロンビアマークは昭和3年に「鷲マーク」から「音符マーク」になったそうです。全体にしっかりとした作りで状態も比較的良好です。入手したときに、レコードをかけてみると音が小さく歪んでいました。内部を覗いても悪いところは見られなかったので、サウンドボックスを調べてみると、サウンドボックスの振動板を上から覆っているカバーが歪んで振動板に接触していました。これでは音が小さく歪むわけです。サウンドボックスの歪みを直して再度レコードをかけてみると、今度は奇麗な大きな音で鳴り出しました。この蓄音機は、幸運なことにゼンマイの復元力も充分あり安定した回転をしています。電気を使わなくても、これだけ、しっかりとした大きな音がでることに、人の知恵のすばらしさを感じます。

2004/6/1
ちょっと昔のラジオカセットレコーダー(SONY CF-1900)

このラジカセは知人からの預かり物ですが、最近はラジオカセットレコーダーを電気店であまり見かけなくなりました。売られているものの多くがCD、MDラジカセです。カセットテープそのものもお店の隅の方に追いやられています。いずれ無くなってしまうのでしょうか?このラジカセは当時としてはかなり高級な機種であったと思われます。内部はたくさんのトランジスターが使われています。「タイマーとドッキングさせて留守録音ができる高級機pro1900」と表示があります。部品と技術力が無く修理できませんでしたが、FMラジオは聴けるようになりました。<修理日記 その他 (SONY CF−1900)>

SONY CF−1900