過去の日記NO.21

2004/5/1〜8

AICHI CLOCK?
(10インチ八角型時計)


こんにゃく紙

扇風機が回っている写真
2004/5/16〜20

個人で組み立て?
昔の真空管ラジオ


昔の蓄音機(BOLERO)


2004/5/23〜

1950年の広告No.20
(ナショナル電球)


戦後間もなく作られた?
4球ラジオ

2004/5/27
戦後間もなく作られた?4球ラジオ

このところ数日天気が良く、「夏が近づいてきた」と思います。
今日のラジオは、ボロボロですが太平洋戦争終戦後すぐ作られたと思われるものです。シャーシは自作であることを示すアルミ製で、真空管は12F、6Z−P1、6C6、6D6で戦後のものと思われます。スピーカーは戦時中もので、フレームが紙製のマグネチックスピーカーです。<がらくた日記No.19・・・放送局型123号受信機(山中電機)を参照>キャビネットは戦時中を思わせる形やデザインです。全体的にみても終戦後間もなく自作されたラジオと推測しました?58年くらい前には、このような自作ラジオから伝えられるニュースに耳を傾けていた人もたくさんいたんでしょうね。

2004/5/23
1950年の広告No.20 (ナショナル電球)

蛍光灯より電球が照明の主流であった時代の広告です。このような機械で電球を作っていたんですね。現在はどんな機械で作っているのでしょうか?電球は、蛍光灯に比べて寿命が短く電気消費量も多いのですが、すぐ点灯するなど利点もあるので現在でも使われています。今では技術の進歩で蛍光灯もすぐ点灯するようになりましたが、やはり電球の方が良いという場合がありま。この広告には「精巧な自動式高能率機械の充実でナショナル電球の品質は一段と向上し着々増産中です。明るく、強い、お徳用電球として広くおすすめします。」と書かれています。1950年頃は電球の品質向上と量産の時代だったんでしょう。

2004/5/20
昔の蓄音機(BOLERO)

今日は昔の蓄音機です。これはかなり痛んでいますが、どうにか使えそうです。しかし、サウンドボックスは多少調整修理が必要でしょう。ゼンマイを巻くハンドルが欠品してるので、今のところ部品取り用にしようと考えています。 「BOLERO MORI GRAMOPHONE MGF.CO.  MADE IN JAPAN」と書かれています。日本製ですね。最近の家庭電化製品でMADE IN JAPANと書かれているものは少なくなりましたね。

2004/5/16
個人で組み立て?昔の真空管ラジオ

第2次世界大戦が終わった後も、しばらくの間は食料やその他の物資不足で混乱は続いたようです。このラジオに使用されている真空管やスピーカーは比較的新しいものなので、そんな混乱も終わり、5球スーパーラジオが普及しはじめた頃のものであるように思われます?。使用真空管は80BK(RODAN)、6Z−P1、6C6、6D6(LUX)、シャーシはアルミ製、スピーカーはパーマネントダイナミックスピーカーです。このことから個人の方が作られたものと推測しました。5球スーパーよりは安価で作れたのでしょう。ツマミが取れて無くなっているラジオが多い中でこのラジオは付いています。

2004/5/8
扇風機が回っている写真

先日、ある方からメールをいただき、扇風機が動いている時の写真をいただけませんか?との依頼がありましたので、今日はその写真を載せます。代表的な芝浦製作所の扇風機(大正期)と日立の扇風機で昭和20年〜30年代はじめ頃?の2つです。芝浦製作所の写真は羽が透けて写ってしまいました。日立のものは、回転してる雰囲気が良く出ていると思います。どちらも右側の方がゆっくり回転しています。

2004/5/7
小さな真空管ラジオ(ナショナル CX−430)
Yahooのオークションを見ていると、昔のラジオが多数出品されていて見ているだけで楽しいです。興味のない方にとってはゴミだと思いますが、不思議なもので興味があると宝の山に見えてきます。しかし、私には高くてほとんど落札できません。さて、今日は、ナショナルの小さな真空管式のラジオです。派手さはありませんが、コンパクトにできていて可愛いです。いつ頃のものでしょうか?昭和30年代中頃でしょうか?不明です。真空管は35W4、35C5、12AV6、12AB6、12BE6の5球です。しっかりとした鉄製のシャーシーに組み込まれていて、メーカー製であることがよくわかります。感度 60μV/50mW 電気的出力 1W (無歪) 最大出力1.3W 消費電力23VA  受信周波数帯 535〜1605KC あまり古さは感じませんが面白いラジオです。

2004/5/5
こんにゃく紙

ずっと以前から修理をしようと思っていた、鳩時計の修理をしました。この時計は23年ほど前にお祝いとしていただいたもので、数年前まで元気に鳩が鳴いて時を知らせていました。鞴の紙が破れたので鳴かなくなってしまいました。はじめは、障子紙で貼って修理をしてみましたが、音は出るのですが重く元気のない鳴き声でした。ある方からこんにゃく紙を使うことを教えてもらい、今回はその紙で修理をしました。こんにゃく糊で和紙を処理すると、強い紙に仕上がります。日本では紙子(紙衣)などとして利用されてて、昔はワラビの根を使い、現在ではこんにゃくを使っているようです。戦時中は紙で風船を作り爆弾を載せて飛ばしたこともあったようです。修理の様子は修理日記を見てください。

これが「こんにゃく紙」です。 こんにゃく糊で処理した紙でしょうか?

2004/5/1
AICHI CLOCK?(10インチ 八角型時計)

最近仕事が忙しくて更新もできない状態でした。1週間ぶりの更新になります。さて、今日は文字盤が10インチ程ある八角型時計です。作られた時代は明治から大正にかけてのもだと思われます。文字盤は交換された形跡がありますが、その他はオリジナルのものと思われます。金属の鋲と板で飾られたちょっと高級感のある時計です。右の写真は内部の様子を振り個室から撮影したもので、錆などから古さを感じます。振り個室には修理・調整などをしたときの時計店のラベルが貼られています。古い機械式の時計には、このようなラベルが貼られてるものが多くあります。この八角型時計は滋賀県彦根市付近で販売され使われたいたもので、一番最後に貼られたラベルから昭和29年8月に彦根市にある丸新時計店で調整などがされたことがわかります。振り室に書かれた文字の断片から推測するとAICHI CLOCK CO.かもしれませんね?いずれローマ数字の文字盤に張り替えたいと考えています。