過去の日記NO.20


2004/4/1〜8

昔のトランジスタラジオ
(東芝 6TP−492)

ナショナル真空管ラジオ 
E−330の掃除


ボロボロの蓄音機(Paragon?)
2004/4/11〜18

大阪音響(オンキョー)
真空管ラジオ


昔々の流行歌
LPレコード(君の名は)


蓄音機のダイアフラム
2004/4/22〜25

不良になった真空管
(300B)


ARIA’S RADIO
(MITAKA DENKI)

2004/4/25
ARIA’S RADIO(MITAKA DENKI)

今日は北風が吹いて寒い一日でした。何かと忙しい日々が続いているので、がらくたで遊んでいる時間も無い状態です。
今日のがらくたはミタカ電機が(昭和20年代中頃?)発売していた昔の真空管ラジオです。外観はご覧の通りかなり痛んでいますが、内部はどうにか原型をとどめています。スピーカーはフィードイル型でしっかりしたものです。真空管は80HK、42、6Z−DH3A、6D6、6WC5で標準的な構成です。IFTは角形で古さを感じさせます。ツマミが1つオリジナルのでないものが付いています。前面の布製のネットがシミで汚れていますので交換が必要です。

2004/4/22
不良になった真空管(CR−300B)

先日の日曜日に真空管アンプを使っていたところ、「何か調子が悪い」「左右のバランスが微妙にずれている」ことに気づきました。アンプに付いているプレート電流(正常時には約60mA)をチェックするメーターを確認してみると、片方の電流が少なくなっています。そして、使用していると時間共にその値は小さくなっていきます。電源を切ってしばらくして、また電源を入れると少し回復していますが、また時間と共に電流は減少してしまいます。メーターの振れが少ないときでも、音の伸びがなように感じられるものの、ある程度の音量は出ました。そこで、左右の出力管(300B)を交換すると今度は反対側が同じ症状になります。これは、出力管(300B)の不良と考え、2本とも新しいものに交換しました。1997年に購入して、1998年1月から7年ほど使っていたものです。外観は全く問題のない真空管に見えますが、実は性能が低下した真空管で、見た目では全く区別がつきません。このまま捨てるのは、勿体ないので分解してみました。フィラメントは繊細で少しの力で切れてしまいます。グリッドは思っていたよりも、しっかりとしていました。本家本元のWE300Bとは違い、中国製の安物の300Bですが7年間楽しませていただきました。

2004/4/18
蓄音機のダイアフラム(diaphram)

昨年の末コロンビアの蓄音機を修理していたときに、サウンドボックスの振動板が歪んで壊れていたのでサウンドボックスごと交換しました。壊れたものも振動板(ダイアフラム)を交換すれば使えるようになるので保管しています。蓄音機のダイアフラムはレコードの溝から針が受ける物理的な振動を、空気の振動(音)に変えるもので蓄音機の最も大切な部分です。いずれダイアフラムの交換に挑戦したいと思います。

左の写真がサウンドボックスに付いている振動板です。右はサウンドボックスです。

コロンビアNo.15・・・・壊れている振動板の様子です。

2004/4/15
昔々の流行歌・・・LPレコード(君の名は)

4月も半ばになり、あれほど美しく咲いていた桜も葉桜となりました。そして、武蔵野に広がる木々は新緑に輝きはじめました。
さて、今日はほとんど耳にする事の無くなったSPレコード時代の流行歌が収録されたLPレコード「君の名は」です。日本コロンビア株式会社が1971年頃に発売したものでLPレコード10枚に、昭和初期から昭和40年頃までの歌が120曲収録されています。「昔恋しい 銀座の柳 仇な年増を誰が知ろ・・・・」ではじまる東京行進曲を初代コロンビアローズが歌っていたり、「緑の地平線」を三島敏夫が歌ったりしています。また、このレコードに付いている解説書が良く書かれていて、当時の時代背景や人々の様子などがよくわかります。最近の歌も良いですが、昔の歌も聴いていると落ち着きます。音源再生機材はマイクロ精機のBL−91というレコードプレーヤーと真空管アンプ(ADVANCE M−501)で再生しています。オーディオ機材は、リサイクルショップで買った物やキットの自作アンプですがそれなりに楽しめます。

レコード4枚分の収録内容

2004/4/11
大阪音響(オンキョー)の真空管ラジオ

昭和30年頃の製品と思われる、大阪音響株式会社(オンキョー)の真空管式ラジオを紹介します。まだだるま型のST管を使用していますが、デザインは少し新しくなってきています。残念なことにツマミが1つ無くなっていますが、状態としては良い方だと思います。雑誌の広告に載っているものとは違いますが、ほぼ同じ頃に発売されたもとの思われます。昭和30年の宣伝文句には音がよいと書かれています。使用真空管は80HK、42,6Z−DH3A、6D6、6WC5が使われています。ONKYOと言えば昭和28年頃にダブルコーンスピーカー(PD−121)とうのをもを発売していました。スピーカーのコーンにノンプレスコーンという当時としては独特のものを使い良い音を実現していました。現在私はONKYOさんのMD・CDミニコンポを使っていますが、コンパクトでデザインも良く気に入っています。

 

2004/4/8
ボロボロの蓄音機(Paragon?)

仕事が忙しくなり、内容のある更新ができない状態です。しかし、元々それほど内容のあるものではありませんから、気楽にやります。今日はゼンマイ式の蓄音機で壊れているものです。ターンテーブルが回らない状態です。これは、部品取りに入手したもので、サウンドボックスは調整すると使えそうです。でも、ゼンマイモーターの修理をすれば使えるようになるかもしれません。ホーンは金属製でしっかりとした作りですが、高級感は無く当時としては普及品と思われます。このような機械式蓄音機も昭和20年代後半から30年代になるとだんだん電気蓄音機に変わっていき、見かけることも少なくなっていったのでしょう。

2004/4/4
ナショナル真空管ラジオ E−330の掃除

久しぶりに真空管ラジオに関わりました。昨年から修理中の縦型ラジオの修理は、まだそのままで進んでいませんが、今日は昭和30年代中頃の真空管ラジオを掃除しました。修理と言うよりは掃除程度ですがよろしかったら見てください。
ここで見て!ナショナル E−330の掃除

2004/4/1
昔のトランジスタラジオ(東芝 6TP−492)

桜の花も満開になって、とてもきれいな季節になりました。今日は昭和30年代中頃のトランジスターラジオを載せます。この時代小さなラジオをポケットに入れて持ち運んで聴くことが、お洒落で格好良かったのでしょうね。外観はきれいで傷や欠けなどはなく良い状態です。しかし、電池を入れても全く音がしません。修理はまだしていませんが、中身をちょっと覗いてみました。昔のものなのでゲルマニウムトランジスター(2SB56×2,2SB54,2SA53,2SA49,2SA73)が使われています。YAHOOのネットオークションなどを見ていると、古いラジオの人気は未だ衰えず、高値で落札されています。このところ私は古時計に心奪われ、ラジオは眼中にありませんでしたが、しばらくぶりに手にしてみると小さいのに、ずっしりとした重量感があり昔のラジオもいいですね。正確な製造年代は不明ですが、たぶん昭和30年代中頃のものだと推測されます。黒色の皮ケースに入っていたので保存状態が良かったものと思われます。