過去の日記NO.2

この日記はいずれ、それぞれの品物の種類別のページに整理した後、順次削除します。

2002年10月

 10/1〜4
・昭和初期の縦型ラヂオ

・HITACHI WH−827
10/7〜11
三菱ラジオ 7X-800
SONY TR-624
丸型掛時計
10/13〜19
1950年ナショナルラジオ1
1950年マツダランプ1
NATIONAL T-46
広告国民ソケット
10/21〜31
広告東芝電気洗濯機
広告ビクター5RS−4
Tungar 充電器
オートチェンジャー式
レコードプレーヤー

ナショナルラジオ広告2

2002.10.31
1950年の広告No.6

日ごとに日が短くなり寒くなってきました。最近幾つかの店で真空管ラジオを幾つか見かけました。地域的なものかもしれませんが、STの真空管の付いた木製のラジオの値段が上がってきました。状態やデザインのあまり良くないものでも高値が付けられています。店によって差はありますが12000円から5000円くらいです。以前2500円からで3500円位であった店も少しずつ高くなっているように感じます。
今日はそんなちょっと昔のラジオの広告です。下の広告のようなラジオは状態が良ければ、古物屋さんではかなり高い値段が付きますね。当時としても18,800円から4,750円でかなり高価なものだったのでしょう。良く見るとまだマグネチックSP付きのものも発売されています。

2002.10.27
ちょっと昔のオートチェンジャー ステレオレコードプレーヤー 

ちょっと昔の変わったレコードプレーヤーを紹介します。これはある方から処分を依頼されたものです。ガラード製の昔のレコードプレーヤーでしょうか?インターネットで検索しましたが、写真が見つからず正確な確認はできませんでした。デザインや前の持ち主の説明でガラードと思われます。私もはじめて見るので自信がありません。これは60サイクル用のモーターが付いています。私は50ヘルツの地域に住んでいるので使えません。自動的にレコードを演奏することができるものだそうです。面白いですね。まるで、ジュークボックスみたいです。多少の傷みはありますが段ボール箱に入れられて大切に保管されていました。


     

2002.10.25
昔々の充電器 NOJIRADIO COMPANY Tungar Battery Charger


昔、ラヂオが電池でしか動作しなかった頃。こんな充電器を使ってバッテリーを充電していたそうです。電球のような形で脇に棒状の端子が付いたタンガーバルブと言うものを使って整流をしていました。写真右側の電球のソケット状の所にねじ込み、脇の板状の端子がタンガーバルブのプレート端子に接触し電流を取り出す構造だと推測されます?左のソケットは電流制限用の電球でしょうか?不明です。ソケットの下側に大きなトランスがあります。タンガーバルブは内部に水銀やアルゴンガスを入れて効率の良い整流効果を出しています。1917年頃からGEで作っていたそうです。(参考文献、クラッシック・バルブ 大塚久著)
振動式充電器は内田様のホームページ ラジオ少年の博物館に詳しく説明されています。リンク集にあります。)これは、昭和初期のラジオと一緒に300円で入手したものです。こんな汚いもの300円でもだれも買わないでしょうね。内部には電球の欠片らしきものが落ちています。電球のソケット内部は電極が雲母板で絶縁されています。差し込みプラグはなく電球のソケットにねじ込むようになっています。時代を感じますね。残念ながらタンガーバルブが手に入らないので使えません。野路ラジオいとう会社が昔ありましたが、その野路ラジオでしょうか?いずれきれいにしたと思います。

2002.10.23
1950年の広告No.5 ビクター スーパーラジオ5RS−4型

今日は、少し落ち着いた広告です。白黒の印刷が似合います。これも民間放送の前の年に売り出されたものです。ダイアルが古さを感じます。当時としてはモダンなデザインだったのでしょう。スパーへテロダイン受信機がこれから流行だす頃のものですね。「スパーのニューフェース登場」と書いてあります。「美しい音、正しい音 ビクタートーン 快う分離と感度、優れた音質と音量・・・ マツダ球付き 9980円 現品特約店でご試聴ください。」など書いてあります。






                 











2002.10.21
1950年の広告No.4 (東芝電気洗濯機)

こんにちは、どなたか見てくださっていますか?今日は半世紀前の東芝の洗濯機です。芝浦製作所のSEW(Shibaura Engineering Works)のマークを使っています。東京電気と芝浦製作所が一緒になってからもこのマークを使っていたことがわかります。洗濯方式は攪拌式と呼ばれるものでしょうか?その他に噴流式というものあったそうです。当時の女性にとって洗濯はとても重労働だったでしょうね。家族が多かったり、育ち盛りの子どもがいたりすると、その大変さが想像できます。私の小さいときはもう少し新しいもので、手回し式の脱水機がついていました。2つのゴムローラーの間に洗濯物を通して脱水する方式です。今のような遠心力で脱水するのはもっと後になってです。この洗濯機は脱水機がないので手で絞ったんでしょうね。絞って水を切るのが一仕事ですね。これでも、主婦の読書時間が作れたんでしょうね?今は全自動洗濯機で乾燥までやってくれる洗濯機があります。でも、何故か男女とも読書時間は増えていないように感じます。不思議ですね?1950年7月30日の広告です。

2002.10.19
1950年の広告No.3(ナショナル国民ソケット)

この頃の広告によく出てくるものに「国民ソケット」があります。ちょっと地味で、何となく戦時中を感じさせるネーミングです。昔からあったので名前もそのまま使われていたのでしょうか?私が小さい頃には家の中に必ず付いていました。多くの家庭で使っていたと思います。我が家では二股ソケットのと呼んでいたような気がします。広告の中に書かれている説明がいいですね。付けっぱなしの無関心型、スイッチをひねる常識型、タマをひねるズボラ型、風呂敷をかぶせる危険型。小さい頃、小さい方のソケットにねじ込み式のコンセントを付けて電気器具を使っていましたね。昔は今のように各部屋にコンセントはなかったので重宝しました。最近はこのソケットを知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?








            








2002.10.18
ナショナル T−46

お久しぶりです。今日は広告でなくて、ナショナルのT−46 2BAND 8TRANSISTERです。1961年頃に発売されたトランジスタラジオ。先日、何かないかと店の品物を見ていたら、店の主人から「これ あるよ!」と手渡されたラジオ。まだ、お店に並べていなかった品物です。受け取って良く見ると古そうなデザイン。あちこち痛んではいるものの、ラジオの原型は留めています。値段をみると1500円。「形も古いし まあいいかな」と買ってきました。また、がらくたを買ってしまいました。反省!家に帰ってから電池を入れて受信状態を確認すると、MW(540〜1600KC)、SW(3.9〜10MC)とも受信出来ました。電池蓋には糸が付いていて、なくならいよいうにしてまります。このように糸の付いたものを以前幾つか見ました。電池は単3を4本です。重くてしっかりした作りです。前面の8のマークと3つの窪み。この窪みの1つに買ったときには宝石の形をしたものが付いていたような気がします。気のせいでしょうか?今日はあまり面白くないですね。広告の方が見ていて楽しいですね。今度は広告にします。


2002.10.14
1950年の広告No.2(マツダランプ 真夏の夜の太陽)


なかなか、かっこいいデザインですね。電球の中に夜の街並みが描かれ、真夏の夜の太陽を印象づけています。当時は電球が照明の主役で、蛍光灯はまだ一般的ではなかったのでしょう?確かに蛍光灯の方が高い技術が必要ですから、値段も高かったのでしょうね。今は省エネのことを考えれば蛍光灯方が環境に優しいのですが、裸電球の光も時と場所によってはいいでね。
1950年8月20日の広告です。










2002.10.13
1950年の広告No.1(ナショナル小型ラジオ)

品物は増えると置き場所に困るので、今日は1950年の広告を見てみましょう。この年は吉川英治氏の「新平家物語」が週刊朝日(4月2日号)より連載された年です。また、朝鮮戦争が勃発した年でもあります。今日の気になる広告は民間放送開始前のラジオです。ナショナルの小型ラジオと書いてありますが、当時としてはこれでも小型なのでしょうね?

「演劇と野球・・・一台のラジオで第一と第2放送は同時に聴けません。お好きな時にお好きな場所で、アンテナ、アースなしですぐ移動できるラジオ。超小型ラジオをもう一台如何でしょう。」と書いてあります。
「パーソナルとは貴方個人のラジオを意味します。明るくいクリーム色の本器はアースなしで、書斎、寝室、お台所、どこへでも持ち運びできる、音量豊富、しかも小脇に抱えられる超小型ー貴方一人、自由に楽しんで頂けるラジオです。」1950年型 5球パーソナルスーパーラジオです。正価 9900円
とてもデザインのいいラジオですね。1950年4月30日の広告です。




              











                   

2002・10.11
丸型掛時計

久しぶりに、時計です。丸形の掛け時計。はっきりとした時代はわかりませんが、大正期のものかもしれません?木枠の傷みは少なく比較的きれいです。残念ながらオリジナルの文字盤の上に紙の文字盤が貼ってあります。内部は少し見ただけなので詳しいことはわかりません。ゼンマイは切れていないようです。振り子室のガラスや振り子に飾りがありきれいです。4300円で買ってきました。無事修理できるでしょうか?家にあるゼンマイ時計も調整してあげるとクオーツの時計と比べ、さほど遜色なく動作しています。最近、平井 堅さんが「大きな古時計」という曲をヒットさせ反響を呼んでいます。私も昔から好きな歌でした。あらためて聴いてみるといい歌ですね。この時計も80年くらいは経っているものでしょう。味わいがあります。時計コレクターの方はたくさんいて、きれいな本も出版されています。私も先日、武笠幸雄 著 「時計とらんぷの小宇宙へ」という本を買って読みましたが、とても素晴らしい時計がたくさん載っていました。そんな時計に比べこの時計は「がらくた」のようなものですが、丁寧に修理してみたいと思っています。





              






2002.10.9
SONY TR-624
 蓋を開けると放送が聞こえます。
今日は私の手元から離れ千葉県のある方の所で新しい「ラジオ人生?」を送ることとなったSONY TR-624を紹介します。ちょっとめずらしいラジオです。形は見ての通りです。蓋を開けるとスイッチが入り放送が聞こえてきます。持ち歩くタイプでなく置いて使うタイプです。シガレットケースのような形ですね。発売は1960年頃 受信周波数は中波MW520〜1605KCです。電池は単三4本で電池の蓋の外し方が面白く、丸いボタンのようなものを左右にスライドさせて開けます。蓋を開けるとチューニングとボリュームが付いています。シンプルですが機能的で、重みのあるしっかりとした作りのラジオです。
 このホームページ見てくださっている方はいますでしょうか?私が好き勝手に書き込んでいる日記ですが楽しんでいただけると幸いです。最近ラジオばっりですね。いずれ違うものを載せます。

左右にある丸いものを左右にずらすと電池蓋が開きます。
単三乾電池4本使用
内部の写真は撮影し忘れました。残念!










2002.10.7
「DESIGNED BY PIERRE CARDIN」の三菱ラジオ 7X-800

ピエールカルダンがデザインしたラジオ(三菱 7X-800)です。MW 520〜1605KCです。7個のトランジスタを使用してます。内部はご覧の通りです。形が独特ですね。受信状態は良好です。掃除もしていないのでとても汚い。でも磨けばきれいになります。いつ頃のものでしょうか?周波数はKC表示です。(蓋の裏側に紙が貼ってあり型番や周波数レンジ、使用電池などが書いてあります) でも変な形ですね。これで使いやすいでしょうか?

2002.10.6
「見て歩き日記」の名称を「がらくた日記」に変更
ホームページを開いて1ヶ月半になりました。たくさんの方に見ていただいたき、嬉しく思います。「見て歩き日記」の名称を変更致しました。やはりこの方が合うような気がします。最近は気になるラジオが見つかることが多かったです。もともとラジオが好きだったので良かったと思います。しかし、真空管のラジオは大きくて保管に場所をとります。我が家も大きな家ではないので、そろそろ保管場所に困ってきています。物置の拡張を考える必要がありそうです。トランジスタラジオは場所を取らないのでいいのですが、真空管ラジオよりも高値です。特に1955年〜1960年頃のTRラジオは数も少なく真空管ラジオよりも貴重な気がします。確かにそのころはトランジスタラジオの方が値段も高かったのでしょうね。私もこの頃のトランジスタラジオが好きです。色や形もたくさんありコレクションとしても楽しいです。真空管ラジオと違い保管場所に困らないのと持ち運びができるところがいいですね。

2002.10.4
日立 WH−827
 

「何かないかなぁ」とリサイクルショップに立ち寄りあちこちみていたら、ガラス戸棚の上に汚いラジオが3つありました。その中で一番汚くて売れそうもないラジオを手に取り、「これ幾らですか?」とたずねると「ACコードが無いのでテストしてないんだ。現状で良ければ500円!」と言うので、思わず「買います」と答えてしまった。言ってから「しまった!」と思ったのですが、もう遅い。「こんな不燃物買ってどうするの?」と、どこからか聞こえてきそうです。まったく、自分でも困ったものだと反省しています。でも3日間位ですぐ忘れてまたゴミを集めてしまいます。日立の8TRラジオ WH−827です。周波数の表示がHz(ヘルツ)表示なのであまり古くないものでしょう。周波数の表示がKcからHzに正式変わったのは、日本では1972(昭和47)年7月1日からのはずですが?外観や内部のトランジスタなどを見るとやはり1970年代はじめ頃でようか?。MW530〜1605KHz、SW3.8〜12MとHzです。革のケースに入っています。ボディはプラスチックで触った感触が安っぽいです。裏蓋にISOネジ使用の文字が見られます。AC100Vまたは単3乾電池4本使用。ボリュームにガリがありますが動作は中波、短波とも良好です。アンテナの先が細くなっていて独特です。

2001.10.1
昭和初期に使われていたラヂオ

下の写真は先日行きつけの骨董屋でみつけたラヂオです。昭和の8年〜10年頃のものでしょうか?詳しい年代は分かりませんが昭和初期のものです。縦型でお墓のような形ですね。墓石型とも言われているようです。真空管は12B(DON刻印)、47B(メーカー不明)、27A(SUN刻印)、227(マツダ刻印)の4本です。TV-7でチェックしたところすべて使えるようです。もともとこの真空管構成なのかは不明です。227はソケットに型番が書いてありましたので元のままでしょう。この227はナス型と言われている形の真空管で確かに食べるナスに似ていますね。もともとは真空管は電球から発達したようなものですから、昔のもは電球の形そっくりですね。でも電球より長くてナスに似ています。他のものはST管(だるま)と言われる頭の所を少し絞って電極を支えやすい構造になっています。こんな説明は「釈迦に説法」ですね。みなさん知っているでしょうから。日本では昭和8年頃にマツダ(東京電気K.Kが使っていた真空管の呼び名。その前はサイモトロンです。この会社は後に芝浦製作所と一緒になり現東芝になる)真空管の型番が3桁であった呼び名を2桁にして形状をナス型からST管タイプに切り替えました。従ってこの頃のものはST管とナス管が混在するはずです。同調コイルはスパイダーコイルです。内部はまだ見ていませんので不明です。スピーカーはマグネチックタイプで比較的しっかりした作りで当時としては高級なものだと思います。何故かシャーシも木製?外観から見るとそうです。不思議です。いずれ分解してみたいと思います。外観はご覧の通り痛んでいます。ツマミも1つありません。底板に虫食いが見られます。キャビネットの修理が必要です。


左から12B、47B、27A、227です。