過去の日記NO.19


2004/3/1〜7

MAJESTY 
10インチ八角型時計


放送局型123号受信機
山中電機


安澤電機工業K.K 
FLIP 5球スーパー

2004/3/11〜18

懐かしのS盤アワー(LPレコード)

真空管ラジオ
(日本アルファ電気KK製造)


NISSHIN Clock Co. 
100日 時計
2004/3/21〜28

真空管ラジオ ナショナル
 QS-500


TOMY ギルドクロック
(フライング振り子)


ちょっと昔のタイプライター
(BROTHER VALIANT)

2004/3/28
ちょっと昔のタイプライター(BROTHER VALIANT)

春のような天気に桜の花も開き、そろそろ花見のシーズンになってきました。
今日は、ちょっと昔の英文タイプライター(BROTHER VALIANT)です。これといった特徴はないタイプライターですが、フレームはすべて金属製でマイナスネジが使われているところをみると、かなり前のものだと思います。ケースに入っていましたので、保存状態は良く動作も正常です。文字の端まで打ち終わると「チン!」と鐘が鳴り一行の終わりを知らせます。ワープロやパソコンが開発されるまでは、タイプライターが重宝されていました。文書の修正や保存のできないタイプライターは、今となっては使い道が無く、見かけることもなくなりました。この時代のタイプライターは、まだ骨董的な価値もなく、使われずに捨てられる運命にあります。しかし、このような機械たちも、数十年経つと飾り物としての価値が見いだされるかもしれません。

2004/3/24
TOMY ギルドクロック(フライング振り子)

写真のような古典的な原理で動く時計がオモチャ会社のTOMYから発売されていました。この時計は糸の先に重りが付いていてその重りが左右の金属棒に絡みついたり解けたりしながらくるくる回り時を刻む面白い時計です。時計の精度は良くありませんが正確な時間を気にしなければ充分楽しめます。ゼンマイを一杯に巻いて1日ちょっと動きます。長針は無く短針のみで時を示します。文字盤の各時間の間に「分」を示すように数字が書かれています。透明のカバーはプラスチック製で、プラスチックの歯車も少し使われています。その他はすべて金属でしっかりと作られています。時計といえる物であるかどうかは、意見が分かれるところかもしれませんが、飾り物としては面白いです。 GUILD CLOCK TOMY 1979 JAPAN と記されています。

2004/3/21
真空管ラジオ ナショナル QS-500

昨日は私の住んでいる所でも雪が降りとても寒い日でした。天気が変わりやすい季節ですね。
さて、今日は昭和20年代後半の真空管ラジオです。先日しばらくぶりに行きつけの店に行ってみると、このラジオが置いてありました。見ての通り状態は比較的良く奇麗で、デザインも悪くないので購入することにしました。すべてオリジナルの状態ですが、天板の上に短波放送を受信できるようなNSBチューナーがつけられています。普通は内部の側面に付けてあることが多いのですが、使いやすいように上に取り付けたのかもしれません。短波放送と言えば、戦時中はアメリカなど外国の情報が入らないように情報統制がされていましたから、一般の人が受信することは禁止されていました。戦後になりようやく一般の人も自由に短波放送を楽しむことができるようになりました。昭和20年代はこのように簡単な短波受信用の装置を付けて聞いていたんですね。現在は短波放送を聞く人も少なくなりました。整流管に12FKが使われているのは珍しいですね。

2004/3/18
NISSHIN Clock Co. 100日 時計

こちら関東地方では昨日と天気がうってかわっ雨が降り、とても寒い日でした。しばらく更新していなかったので、今日は時計を載せます。NISSHIN CLOCK CO.100日巻きの回転振り子式時計です。外観はかなり汚れていますが、すべて金属で作られていて磨き込むと奇麗になりそうです。動作に関してはまだ確認していませんので精度は不明です。手持ちの400日巻き時計に比べると多少見劣りはしますが、飾り物になると思います。このような回転式振り子の時計は調整が微妙で難しい場合があります。この時計は結婚記念品として贈られたもので、裏に小さなラベルが貼られています。製造年代は昭和30年代から40年代のものでしょうか?はっきりとしたことはわかりません。

2004/3/14
真空管ラジオ(日本アルファ電気KK製造)

日々日に暖かさが増し春の気配が感じられる季節になってきました。今日は、以前に知人から頂いた真空管ラジオを紹介します。製造した会社名のある銘板がシャーシ裏に付いていますので、キットやラジオ店組み立てものではないようです。製造年代ははっきりとはわかりませんが、昭和20年代終わりから30年代はじめ頃のものと思われます。真空管は12F、6Z−P1、6Z−DH3A、6D6、6WC5の構成でごく一般的なものです。ダイアルは回転する形のものです。横ダイアルに比べて構造が簡単で製造しやすく、部品も少なくてすむので安上がりだったものと思われます。シャーシは鉄製で塗装がしてあり、手作りやキット製品とは違い良くできています。このラジオ電源を入れると受信できましたがツマミ・コード・コンデンサー・真空管(6Z−P1)の交換と修理が必要です。昭和20年代はラジオ全盛期であったので、今となっては名も知れないラジオメーカーがたくさんあったんですね。

2004/3/11
懐かしのS盤アワー(LPレコード)・・・1982年発売

真空管5球スーパーラジオ全盛の1957年(昭和27年)に日本では民間ラジオ放送が開始され、多くの人たちの娯楽の中心でした。そんな年の4月に「S盤アワー」という番組は文化放送開始と同時に放送が開始されました。当時のヒットポップスを中心に放送され人気があったようです。S盤シリーズは当時ビクターから発売されたレコードです。マリリンモンロー、ポールアンカ、ニールセダカなど、有名な歌手の名前が並んでいます。当時のオリジナルの状態で99曲入っています。アーサーキッドの歌う「ショー・ジョー・ジー」(証城寺の狸囃子・・・大正13年に発表された野口雨情と中山晋平の作品)が面白いです。真空管ラジオから流れてくるこのような曲を当時の人たちはとても新鮮に感じたことでしょう。

2004/3/7
安澤電機工業K.K FLIP 5球スーパー

あまり見かけることのない、安澤電機の5球スーパーラジオです。木製のケースに入ったもので昭和20年代後半頃のものと思われますが、聞いたことのない会社名です。鉄製のシャーシに組み立てられたしっかりとした作りになっています。真空管の構成は80BK、42、6Z−DH3A、6D6、6WC5、6E5です。デザインは横ダイアルの当時流行ったスタイルで、特に特徴はありません。ツマミなどもオリジナルの状態なので整備をすると飾り物にはなるかもしれません。

2004/3/3
放送局型123号受信機(山中電機)

昭和20年3月6日に製造された山中電機製の局型123号受信機です。汚れていますが状態は比較的良く手を加えると奇麗になると思います。ツマミが1つオリジナルでないものがついていますが、当時のツマミに交換すれば問題なさそうです。配線やコンデンサーなどは傷んでいますので交換が必要でしょう。真空管はマツダ製ものが付いています。しかし、まだチューブテスターでチェックをしていません。安定抵抗管のB37も付いています。スピーカーのフレームは銀色に塗装された紙製のものです。終戦間近のものなので金属が不足してこのようなものになったようです。このような紙フレームスピーカーの発火事故に関して、電波科学の昭和26年7月号に報告されているようです。その報告をまとめたものが、写真入りで昭和27年9月に発行された「ラジオ修理メモ 第3巻 兵藤 勉 著」に載っています。それによると、ある条件で銀色に塗装された紙フレーム(硫黄を含む)に300V〜200Vの電圧を加えると燃え出すと言うことです。燃えるスピーカーの紙フレームの発火事故は、アクリルラッカーを少なく、アルミの粉を多くして、シンナーを多く使って薄め、殺虫剤用の手噴霧器を使って銀色に塗装されたものに多いという報告です。この山中電気のスピーカーがそれに当たるかは不明です。

2004/3/1
MAJESTY 10インチ八角型時計

この時計は比較的、最近作られたと思われる時計ですが、しっかりと丁寧に作られていて本格的な機械式時計です。ケースは無垢材を用いた作りで木目が奇麗にでています。底板は合板です。また、文字盤が大きくて遠くからみても見栄えがします。明治期の八角ショートドロップなどに比べると、高級感はありませんが良くできています。ゼンマイは31日巻きで1ヶ月に1回巻くようになっています。製造年代は、油ぎれが故障の原因であることと、金属部分に若干の錆がみられることなどから、10年から20年くらい前に作られたものかもしれません。文字盤は金属の板に印刷されています。