過去の日記NO.18


2004/2/1〜9

ビクター真空管ラジオ
R−2200


昭和30年代の東芝真空管ラジオ
 かなりやQ

元祖 電気式マッサージ機?
2004/2/12〜19

明治から大正頃の八角型時計

自作、改造5球スーパーラジオ

5球スーパーラジオ
HormonyUTworks
2004/2/23〜

SEIKO トランジスタ時計
TTSZ−167


ナショナル真空管ラジオ
RE−260

2004/2/26
ナショナル真空管ラジオ RE−260

今日は、ナショナルのトランスレス真空管ラジオです。もともと、私のがらくた集めの原点が真空管ラジオですから、ゴミのようなラジオがまだあります。この真空管ラジオはデザインや色もあまり良いものではありませんが、あまり見かけないデザインなので入手しました。内部は埃が積もってとても汚い状態ですが受信可能です。受信バンドは中波(MW)と短波(SW)です。使用されている真空管は35W4、30A5、12AV6、12BA6、12BE6で一般的なものです。内部右側側面に回路図が貼られています。当時としては新しいデザインであったと思われます。

2004/2/23
SEIKO トランジスタ時計(TTSZ−167)

昔、時計のほとんどはゼンマイや重りを引き上げたときの位置エネルギーで動く機械式でした。その後、電磁石の力や交流電気などを利用したものが発明されましたが、精度の高い物はなかなかできませんでした。戦後トランジスタの開発が進められ、1954年になるとトランジスタ時計が開発されました。トランジスタ式でありながら、テンプも使われていて半機械式と言ったところでしょうか。純粋な電気式のクオーツ時計とは違いますね。この時計にはゲルマニウムトランジスタ(日立製2SA16S)が使われていて、昭和30年代中頃から昭和40年代はじめ頃に作られたのものだと思います。同じようなデザインのMEIJI時計を持っていますが、それは機械式30日巻きです。確かにトランジスタ式だけあって、MEIJIの機械式時計に比べて、この時計の方が正確に時を刻んでいます。単一電池2本使用で約1年動き続けると書いてあります。電池を入れただけでは動き始めず、下の写真の赤い突起を押すとテンプが動き始めます。また、テンプには緩急針が付いていて時間の進み遅れを調整できます。鐘は時打ちでモーターがその動力になっていて、比較的低い音で鳴ります。鳴らさない時には底にあるスイッチをOFFにします。

2004/2/19
5球スーパーラジオ(HormonyUTworks)

このラジオは、昭和20年代〜30年代はじめ頃に、街のラジオ屋さんで組み立てられた様な感じのするものでです。内部はフィールドスピーカーが使用され、アルミ製のシャーシに組み込まれています。メーカー製のラジオの比べて安く作られた感じがします。真空管は珍しくすべて日立製で80、42、6Z−DH3A、6D6、6WC5が使われています。この回路で整流管に80が使われてるのはちょっと不思議です。80BKや80HKでも大丈夫だと思いますが、80にする利点はあるのでしょうか?ラジオケースとダイアルは、よく見かけるHormonyUTとうメーカーです。このラジオの保存状態は良く修理可能ですが、私はメーカ製のラジオの方が好きです。


2004/2/15
自作、改造5球スーパーラジオ

ケースやツマミは昔のラジオですが、中身は自作の5球スーパーラジオです。真空管の構成は6AR5、12AU7、6BD6、6BE6で、一般的に使われている検波用の真空管(6AV6など)と整流管(5MK9、6X4など)はありません。しかし、受信状態は良好です。たぶん、整流管はダイオードに交換されていると思います。もしかしたら、検波にもダイオードが使われているのでしょうか?。SPはパイオニア(福音電気PE−6)でしっかりとしたものです。これは、真空管ラジオを集め始めたころに入手したものです。その頃は真空管の付いたラジオを見ると、自作品や改造品とわかっていても、つい買ってしまいました。今となっては笑い話です。このラジオは、受信可能ですが部品としての価値しかありません。ツマミは戦前の古いタイプのもなので一番価値があるかもしれません。自作ラジオにしては、上手に作られていて内部も奇麗にしっかり配線がされています。かなり手慣れた方が作ったものだと思います。それにしても、どんな回路になっているのでしょうか?不思議です。それから、これを売っていたお店の方は、このラジオは自作でなく昔のラジオでオリジナル品だと思っていたようです。


2004/2/12
明治から大正頃の八角型時計

文字盤の周りが少し大きめの八角型時計(ショートドロップ)で全体的に保存状態が良好です。動作も良好で正確に時を刻んでいます。文字盤が算用数字であることを除けば落ち着いた雰囲気の良い時計で、気に入っていました。機械式の時計はカチカチという独特な音と、時を知らせるボーンという音が気になると言う方が多いようです。しかし、この音は慣れてくると、ほとんど気にならなくなるものです。人によっては、その音が心地よく聞こえることさえあります。電子音と違いその自然な音は心を落ち着かせてくれます。この時計は現在、知人の家にあり、私の手元にはありません。










              


2004/2/9
元祖 電気マッサージ機?

「これは、なんだ?」とお店にあった機械を手にとって、あちこち触って見ていると、近くにいた人が「電気式のマッサージ機だよ!」と教えてくれました。私もはじめて見る物でした。本体はメッキが施され銀色に光っています。その一部から丸いツマミのようなものが突き出ています。状態はとても良く、木で作られた柄の部分も奇麗です。それから、コンセントに差し込むプラグはかなり昔のもので、電球ソケットに差し込んで使えるアダプターもついています。昔の家はコンセントがあまり設置されていなかったので、電球用の二股ソケットの片方にコンセント用のアダプターをねじ込んでよく使っていました。今ではほとんど見かけなくなりましたね。全体の作りから推測すると戦前もしくは戦後間もない頃のものかもしれません。戦時中は鉄が貴重なものでしたから、こんな鉄のかたまりのようなものは作らなかったと思います。戦前から電気式のマッサージ機が作られていたのかもしれません。
 内部の構造はまだ見ていませんが、メッキされた部分の上下に鉄製のドライバーを近づけると磁石のように引きつけられます。電気を入れると黒いツマミのような突起部分が振動します。その振動している突起部分を肩などに当てると、とても心地よい刺激があります。確かに電動式マッサージ機でした。外観は無骨ですが使い心地は良好でした。

2004/2/6
昭和30年代の東芝真空管ラジオ かなりやQ

今日は、しばらくぶりに日記を更新します。私がラジオを集めはじめた頃は、このようなプラスチックラジオは、あまり人気が無く較的安く入手できました。ところが最近は30年代物に人気ができたためか、以前に比べて高値で取引されるようになってきたように思われます。確かにST管式ラジオに比べて新しいので、修理用の部品も入手もしやすく、磨き込むと、とても奇麗になります。また、小さいので置く場所が狭くても大丈夫です。ちょとお洒落にラジオを聴こうと思うには良いラジオですね。これは、比較的状態が良く奇麗で、受信状態も良好でした。しかし、若干の修理が必要だと思います。使用真空管は35W4、30A5、12AV6、12BA6、12BE6です。

2004/2/1
昭和30年代と思われる真空管ラジオVicter R−2200

このビクターの真空管ラジオは、比較的小さいが重量感があり丁寧に作ってあるラジオです。このラジオは下の写真でわかるように6X4、6AR5、6AV6、6BA6、6BE6が使われ使用してしっかりとつくられています。トランスレスラジオに比べると高級感があるように感じます。残念ながら裏蓋はなくなっていますが、その他は保存状態が比較的良く、受信状態も良好です。受信周波数は短波(3.9〜12MC)と中波(535〜1605KC)の受信ができます。ビクター製なので蓄音機とニッパーの絵と”HIS MASTER’S VOICE”と書かれたプレートがついています。

昨年の12月にコロムビア蓄音機を修理しましたが、ターンテーブルが回っているときの、ゴロゴロした音がして気になりましたので、ガバナーの交換をしました。