過去の日記NO.17


2004/1/1〜9
コロムビア ラジオ
41A−6

SHARPのST管5級スーパー
型番不明

ナショナル真空管ラジオ
QS−800

2004/1/14〜22

昔々の八角時計

真空管ラジオ 
COLUMBIA R−528


戦前のポータブル蓄音機
(サツキ號)
2004/1/25
八角型振り子時計
Meizi Clock 製


SPレコード
愛染かつら

2004/1/28
戦前のSPレコード(愛染かつら、旅の夜風、悲しき子守歌、愛染夜曲)

昭和13年から昭和14年にかけて、ヒットした映画「愛染かつら」の主題歌などのSPレコードです。「津村 浩三」役の上原謙と「高石 かつ枝」役の田中絹代が出演しているメロドラマです。旅の夜風の曲は霧島 昇とミス・コロムビアが歌っています。この曲は最近耳にすることはありませんが、以前は懐かしのメロディーなどで良く歌われていました。物語を語ったSPレコード4枚組と歌のレコード2枚です。太平洋戦争開戦前で戦争への気運が高まって、国策映画や歌が作られていた頃だけに、その反動もあってこの映画や歌が大ヒットをしたのかもしれません。 








<旅の夜風>
花も嵐も 踏み越えて
行くが男の生きる途
泣いてくれるな ほろほろ鳥よ
月の比叡を濁り行く

優しかの君 ただ濁り
發たせまつりし 旅の空
可愛い子どもは 女の生命
何故に淋しい子守歌

加茂の河原に 秋長けて
肌に夜風が 沁みわたる
男柳がなに泣くものか

風に揺れるは影ばかり
愛の山河 雲幾重
心ごころを 隔てても
待てば来る来る 愛染かつら
やがて芽を吹く春が来る




2004/1/25
八角型振り子時計(昭和9年1月5日 Meizi Clock社製)の修理

1月14日に紹介した時計の修理をしました。プロのような本格的な修理ではありませんが、実用になるくらいの時計になったと思います。これから、しばらくの間細かい調整をする予定です。




















2004/1/22
戦前のポータブル蓄音機(サツキ)

このところ、蓄音機と昔の時計に気持ちは向いて真空管ラジオはちょっとお休みです。今日はポータブル蓄音機「サツキ號」です。「サツキ」の文字が右から左に書かれているのを見ると、たぶん戦前から戦中の頃のと思われます。状態は見ての通り内部は比較的良い状態ですが、ケースにたくさん傷があります。ケースの表面を張り替えると飾りになるかもしれませんね。細かい部分の確認はしていないので詳しいことはわかりませんが、修理可能と思われます。ポータブル蓄音機のホーンも木製のものと金属製のものがありますが、これはどちらでしょうか。内部を開けてみないと何とも言えません。それから、蓄音機は機械だけあってもSPレコードが無いと使えませんね。SPレコードも、少しずつ集めてはいますが、人気のあるジャズや歌謡曲は値段が高くて入手するのに大変です。

2004/1/17 
真空管ラジオ COLUMBIA R−528
昭和20年代後半から30年代はじめ頃のものと思われる、MT管使用の5級数パーラジオです。使用真空管は5M−K9、6AR5、6AV6、6BD6、6BE6で代表的なものが使われています。比較的入手し易い真空管なので修理の時は助かります。ラジオの作りは、とてもしっかりとしていて重量感があります。キャビネットは木製で、シャーシは鉄製です。電源トランスも銀色に輝いていて保存状態は良好です。昭和30年代になると、ほとんどの真空管ラジオがトランスレス方式なっていきましたので、本格的な電源トランスを用いたラジオは、比較的少ないように感じます。スピーカーにもColumbiaのマークがついています。丁寧に掃除をして磨き上げて、修理をすると良いラジオになると思います。

2004/1/14
むかし、むかしの八角時計

今日は仕事で浦和市まで出かけてきましたが、冷たい風が強くて吹いてとても寒い一日でした。今日は昔の機械式柱時計を載せます。この時計は大正時代頃のものでしょうか?はっきりとした年代は不明です。文字盤の部分が八角型をした落ち着いた形です。まだ、細かいチェックはしていませんが、少し修理・調整すると時を刻みはじめると思います。文字盤は少し汚れていますがオリジナルと思われます。振り子の部屋にはMeizi Clock &Co.の文字が読み取れます。明治時計社製でしょうか?ゼンマイを巻く鍵や振り子も当時のもので古さを感じます。奇麗に掃除をすると飾れるようになると思いますが、もともと高級品ではないので、あまり価値はないと思います。実際に使って楽しんだ方が良いのかもしれませんね。

2004/1/9
ナショナル真空管ラジオ(QS−800)

今日はナショナルの真空管ラジオQS−800です。先月紹介したナショナルのラジオもキャビネットの塗装が剥がれやすいものでしたが、これも同じように塗装の少し剥がれています。回路図はご覧のような回路になっています。裏から見て内部右側の側面に回路図が貼り付けられています。使用真空管は80BK、42、6Z−DH3A、6D6、6WC5、6E5(マジックアイ)で、すべてナショナルの製品が使われています。デザイン的には落ち着いていて高級感があります。保存状態が比較的良いので塗装をし直すと購入当時の状態に近づくと思います。IFTは丸形で中間周波数は455KCです。昔のテレビやラジオなどの電機製品には故障したときに修理がし易いように回路図がついていました。回路図を剥がすと破れてしまうので、デジタルカメラで撮影して修理の時などに使うようにしています。

2004/1/5
SHARPのST管5級スーパー(型番不明)

私のお正月も終わり、今日から仕事へ出かけてきました。ラジオの修理をやりたいと思っていましたが、結局できませんでした。今日の品物は50年くらい昔のSHARPの真空管ラジオです。見ての通り、油かタバコのヤニのようなもので、とても汚れていいます。メーカー品にしては型番を示すものが何も見あたりません。取れてしまったのでしょうか?写真をみていただけると、かるのように、真空管も汚れて型番が読み取れません。いずれ奇麗にして調べたいと思いますが、たぶん、一般的なものだと思います。それにしても、これほど汚れるのは、どこに置いてあった物でしょうね。ツマミはオリジナルのものです。真ん中が少し小さく、電源スイッチと外部入力(ピックアップなど)の切り替えになっています。右がチューニングダイアル用で左が音量調節です。

2004/1/1
コロムビア ラヂオ(41A−6) 
2004年の新しい年が明けました。あけましておめでとうございうます。さて、今日は昔のコロムビア製の真空管ラヂオです。このラジオは4球式高周波一段受信機、受信周波数 550〜1500KC、微電界級です。外観を見るとダイアル表示が四角で、戦後の国民ラジオに似ていますが、内部は24Z-K2,12Z-R1,12V-R1,12V-V1を使用したトランスレスラジオです(大きなパワートランスは見あたりません)。しかし、安定抵抗管B37は使用してありません。スピーカーは比較的小型なフィールドコイル型ダイナミックスピーカーです。シャーシや真空管のシールドケースはすべて鉄で作られていて錆がでています。シャーシ内部は、まだ見ていませんが、ツマミやコードなど含めて、オリジナルのように思われます。真空管はナショナル製のものが見られますので、製造当時のものから一部交換されてるものと思われます。内部にはコロムビア ラヂオの型番と使用真空管の配置図や端子接続法が書かれた紙が貼られています。ラジオが「ラヂオ」と書かれていたり、真空管が「眞空管」と書かれていたり、古さを感じます。「ラヂオ」から「ラジオ」の表記に変わったのが昭和16年頃からと言われています。このラヂオは製造年代がよくわからないラヂオです。裏側のキャビネット上部に「41A−6 コロンビアマーク 1926」と書かれた紙が貼ってあります。1926は日本コロンビアの創立年でしょうか?元々は蓄音機の製造・販売していた会社ですね。このような有名なメーカーが、戦後このようなラジオを作っていたとは考えにくいので、やはり戦前に製造されたものかもしれません?とすると、ラジオではなく「ラヂオ」の表記になっていることから考えると、昭和15年頃なのでしょうか?。戦時中の放送局型受信機は、できるだけ鉄の部分を少なくして作られ、スピーカーもマグネチック式です。10月に紹介した東芝受信機41型と同じ番号の「41」であり、関係が「無い」のか「有る」のかも面白く、不思議なラジオです。