過去の日記NO.16


2003/12/1〜6

ちょっと昔の放送設備用アンプ
ナショナル WA−611A


昭和30年代のトランスレスラジオ
ナショナル EA−370


新ラジオ配線図集

ナショナルQA−700の
ダイアル表示の違い


2003/12/8〜12

50年くらい前の電気蓄音機

1950年の広告No.18
新マツダランプNO.4


ナショナルUX−500
2003/12/19〜29

VENICE Radio No.1 

1950年の広告No.19
Victer PE−1型


蓄音機の修理
Columbia NO.212


昔のテレビ修理用の
真空管と部品

2003/12/29 
昔のテレビ修理用の真空管と部品

先日、いつもお世話になっている店に行って、何か無いかと探していると真空管や抵抗やコンデンサーなどが、たくさん入ったビニールの袋を見つけました。どんな種類の真空管か確認するために、袋の中を覗いてみるとテレビ用の真空管でした。安かったのでその袋(2袋)をもって歩いていると店主が声をかけてきて、「それは、テレビ用の真空管だろう?」と訪ねるので「そうですね。」と答えました。ラジオ用やオーディオ用の真空管は高値で取引されますから、お店の方もそれはご存じのようでした。しかし、テレビ用の真空管の中にもオーディオ用やラジオ用に使えるものが若干ですが含まれていますので、ゴミとは言い切れません。この袋の中には、元の化粧箱に入っていない真空管を含めると約98本ありました。その中には6AV6、12AV6、30A5、6BE6、などラジオに使えるものも含まれていました。また、25E5(水平偏向用ビーム出力管)など私にとって懐かしい型番のものもありました。抵抗やコンデンサーなどの部品の入った袋の中には大きなブロックコンデンサーやVRやチャンネルを回すためのツマミなども含まれています。昔は修理用鞄に、この写真にあるようなものを詰め込んで、テレビ修理を依頼された家庭に出張し、その場で修理をする光景が見られました。

2003/12/26 
蓄音機の修理 (Columbia NO.212)

久しぶりに昔の蓄音機の修理に挑戦しました。ポータブル蓄音機としては比較的良いものですが、入手した時は全く使い物にはなりませんでした。今回はいくつかの部分を修理したので、たくさん写真を載せました。よろしければ見てください。
ラジオの修理は最近やっていません。いずれ気が向いたらまたやります。
今回の蓄音機の修理はここでみられます。修理日記「蓄音機の修理(Columbia No.212)」をご覧下さい。

2003/12/21 
1950年の広告  ビクターポータブル電気蓄音機 (PE−1型)

ニッパーがトレードマークのビクターから発売されたポータブル電気蓄音機の広告です。蓄音機のそばで犬(ニッパー)が耳を傾けるフランシス・バラウドの絵(His Master’s Voice)はジョンソンにより1900年7月に設立されたConsolidated Talking Machine Co.から使われはじめ、翌年1901年に設立されたVicter Talking Machine Co.へと引き継がれました。Victerの名前の由来はジョンソン自信が制作した蓄音機とレコードが科学的にも商業的にも「勝利」することへの願いと、E.ベルリナーとF.シーマンとの長い間の特許権争いに勝訴することへの願いが込められていたと一般的には言われています。この広告は、電気式の蓄音機なのでゼンマイやサウンドボックスで構成されている機械式の蓄音機ではありませんが、機械式のポータブル蓄音機に近い形をしています。戦後間のない時代、この電機蓄音機で音楽を聴くのは、まさにアメリカン スタイルであったのでしょう。

2003/12/19
メーカー製でないと思われる。5球スーパーラジオ VENICE NO.1

このところ仕事が忙しく、更新できませんでしたので、5日ぶりの更新になります。今日は50年ほど前に作られたと思われる、ST管式のラジオです。たぶん、メーカー製でなくキットなどを組み立てたものと思います?。キャビネットとダイアル窓にはVENICE書かれています。シャーシはアルミ製で、IFTはSTAR製、真空管はマツダ製です。その他のスピーカーや電源トランスのなどもそれぞれ違ったメーカーです。ダイアル面には、前にも紹介したように日本各地の放送局のコールサインが書かれています。マジックアイが使われているので当時としては高級な方だったのかもしれません。真空管の構成は12F、6Z−P1、6Z−DH3A、6D6、6W−C5、6E5です。VENICEと書かれたラジオはこの他にも2台ほどありますが、それらも部品の会社名は統一されていません。それから、このラジオに使われているような、受信周波数表示用のダイアル面(ガラス面に裏から文字を書いている)の文字は水で洗っただけで流れ落ちてしまいます。濡れた布で拭いても落ちてしまいます。メーカー製のものは水で洗っても文字が消えることはほとんどありません。

2003/12/14
MT管使用の5球スパーラジオ(ナショナル UX−500)

戦後ラジオがST型の真空管からMT型の真空管へ移行しはじめた時の頃のものと思われます。日本ではGT管を使ったラジオは時期も生産台数も少ないように感じます。このラジオはキャビネットも木で作られていて、内部側面に回路図(裏から見て左側)と部品配置図(右側)があります。使用真空管は35W4、30A5、12AV6、12BA6、12BE6の構成です。ケースの大きさはS管式のものと同じくらいの大きさで、そのままMT管にしたような感じです。裏から見るとなにも無い空間が広く感じます。前面パネルの中心上方にナショナルのマークが付けられていて、底板には会社で持っている特許番号が記載された紙が貼られています。このように、このラジオは全体的にST管時代の特徴を残していることから、MT管ラジオへ移行していく初期の頃のものと思われます。昭和30年代になるとプラスチックキャビネットで小型なデザインの良いものがたくさんできてきます。


前面のパネル部分と裏から内部を覗いた様子。ST管式のラジオに比べ何もない空間が広い。 


回路図は長年の経過により黄ばんでいる。底には、注意書きとナショナルの特許番号が書かれている張り紙があります。

2003/12/12
1950年の広告No.18(新マツダランプ)

昔々の電球はフィラメントのが2重ではなかったですね。確かに昔の電球(2003年1月4日の日記を参照)はフィラメントがコイル球ではなく、尚かつ1本のフィラメントです。今は当たり前になったことが50年前は新しい技術だったんですね。この頃のマツダの広告は独特な字体と配色でデザイン的にも良く、私は気に入っています。そして、東芝のすばらしさを感じます。大きなものであれば飾っておきたいくらいです。現在では広告は写真が当たり前ですが当時は絵で描かれたものが多く印象的です。電球の広告にこれだけ力を入れていた時代は、すでに50年以上昔の話になってしまいました。

2003/12/8
50年くらい前の大きな電気蓄音機(ラジオ付き)

今日は大きくてとても重い電蓄で、たぶん昭和20年代後半に組み立てられたものと思われるものです。真空管は80K、42、76、6Z−DH3A、6D6、6WC5、6E5が使われています。キャビネットは木製のしっかりしたものでとても重く運ぶのが大変でした。内部のフォノモーターは鉄のかたまりのような重いもので速度調節は昔ながらのガバナーがついています。トーンアームはColumbia製でクロムメッキがしてある高級品です。ピックアップはムービングマグネット方式のもので、残念ながらコイルが断線していました。針はもちろん鉄針です。コロンビアの針ケースもついていました。当時これを作るには、かなりのお金がかかったことでしょうね。もう一つ面白いのはラジオのダイアル面に前回の物とよく似た、日本各地の有名は都市名やラジオ局の名前が書かれています。写真をご覧下さい。

トーンアームはColumbiaのものでニッケル?またはクロム?のメッキがしてある高級品です。
ラジオのダイアル面には日本各都市の名前が書かれています。

スピーカーは大型のフィールドコイル型で

内部の様子、右上に見えるのがとても重い鉄製のフォノモーターで回転速度調節用のガバナー付いています。
回転数は78回転です。

ダイアル面のアップです。TOKYO、KAGOSIMA、MATUYAMA、FYKUI、MATUEなど各地名前が書かれています。
またラジオ局の名前も書いてあります。面白いですね。

2003/12/6
ナショナルQA−700のダイアル表示の違い

先月のQA−700ではコールサインが書いてあるものと、世界各地の都市名が書いてあるものについて、説明がわかりづらくなっていましたので、間違えをただす意味でもう一度みてください。なぜ、混乱してしまったかというと現在yahooのオークションにQA−700が出品(12月9日21時50分終了予定)されています。そのラジオには世界各地の都市名が書かれいますが、私の持っているQA−700には日本各地のコールサインが書かれていて違いがあります。何故違うものが発売されていたのかは不明です。今日、がらくた入れの物置を掃除を兼ねて整理して写真を撮りましたのでみてください。他にもいくつかコールサインが書かれたラジオが見つかりました。昭和27年当時のコールサインは11月の日記をみてください。このラジオと同じ物をいくつかの店で見ましたが、何故かどれもケースの塗装が離れて痛んでいる状態でした。製造当時あまり良い塗装をしていなかったと思われます。

2003/12/5
新ラジオ配線図集
前回のラジオのダイアルに書いてるコールサインではちっとミスしてしまいましたので、今日は本の写真を載せます。鉱石受信機から局型1号、3号、11号、122号、123号受信機の回路図やUX−109(UX−30)、111Bなどを用いた電池式1球ラジオの回路、ニュートロダイン受信機など昔のものから5球スーパーラジオ、電池管ポータブルラジオまでたくさんの回路図が載っています。また、オシロスコープや真空管電圧計、低周波発信器やシグナルトレーサーなど測定器の回路図もまります。この3冊は昭和24年に発行されたものです。

2003/12/3
「MT管トランスレスラジオ  ナショナルEA−370」

昭和30年代前半はTRラジオが発売されてはいたものの、家庭にあるラジオはまだ真空管式が主流でした。このラジオもこの頃のものだと思われます。真空管の構成は19A3、30A5、12AV6、12BA6、12BE6、12Z−E8で、比較的珍しい整流管19A3が使われています。パイロットランプは19A3用のもの(3.2V160mA)が使われています。このパイロットランプは入手困難なので、19A3を使っているラジオのを修理するときには、代用として3.5V150mAのランプを予備として使っています。マジックアイは12Z−E8で、以前は新品が安く手に入りましたが今ではあまり見つかりません。マジックアイは寿命が短いため、ラジオを入手しても輝度が落ちていてあまり光らないのでことが多く、交換が必要なものがほとんどです。このラジオは受信状態は良好ですがマジックアイはやはり輝度が落ちています。 

2003/12/1
ちょっと昔のナショナルの放送設備用のラジオ付きアンプ(WA−661A)

数年前に知人から「不要になったので処分するのでよかったらいりませんか?」と言われ喜んで頂いたものです。ラジオ・アンプとも良好に動作します。外観と受信周波数の表示がKC、MCであることから、昭和40年代はじめの頃の製品ではないかと思われます?。使用真空管は5RA4、6BQ5 2本、12AX7 2本 6BD6、6BE6、6267(電圧増幅用低雑音5極管)2本、6DA5(マジックアイ)です。出力部は6BQ5のプッシュプルになっています。マジックアイもまだ明るい状態であまり使われていなかったようです。鉄のケースに入っていてしっかりとした作りです。これを使う機会はもう無いと思いますが、いただいたものなので大切に保管しています。