過去の日記NO.15

2003/11/2〜9

昔の手作り電蓄

ちょっと昔の石油ランプ

がらくた蓄音機の内部

ナショナル5M−1
2003/11/12〜19

ラジオ回路ハンドブック

PLOVER
トランジスターラジオ


東芝 かなりやJ

S5年実用新案
ナショナル豆電球

2003/11/22〜28

KRK 5球スーパー

1950年の広告No.17
シャープラジオ
5R−36


ナショナルQA−700

2003.11.28
ナショナルQA−700

11月もあと数日でおわり12月がやってきます。今日はナショナルのマジックアイ付き5球スーパー(80BK、42、6Z−DH3A、5D6、6WC5、6E5)です。形は見ての通り角張っていて重々しい作りです。ダイアル目盛りに日本各地区の放送局のコールサインが書かれているもので、何となく高級感があります。希にダイアル窓にコールサインが書かれているラジオがありますが、全体的には少ないと思われます。キャビネットには塗装の痛みが少しありますが原型はとどめています。このラジオは通電してみるとどうにか受信ができます。しかし、まだ修理していませんので長い間通電しておくと壊れるのでチェック後すぐ切りました。昭和27年当時の各局のコールサイン。クリックすると大きくなります。

クリックすると大きくなります。

2003.11.26
1950年の広告No.17(シャープラジオ5R−36)

「春風の様な・・・明るい雰囲気はラジオから」なんとも清々しく奇麗なシャープのラジオ広告です。当時としては最新鋭のラジオなのでしょう。ダイアルも丸ダイアルでなく目盛りが上下方向にあります。5球スーパーで真空管は6W−C5、6D6、6Z−DH3A、6Z−P1、12Fです。正価8250円で発売されていたようです。木製のキャビネットでどっしりとした作りの良いラジオですね。終戦から5年、このラジオが買える家庭は比較的裕福な方だったんでしょうね。
 最近、何かと忙しくてラジオの修理をしなくなってしまいました。時間をみつけて修理にチャレンジしたいものです。

2003.11.22
5球スーパーラジオ(KRK newface super)

関東地方の平地でも紅葉がとてもきれいな季節になってきました。今日は、昔の5球スーパーの紹介ですが、真空管が1本交換されていて面白いのでみてください。使用真空管は12F、6Z−P1、6Z−DH3A(6SQ7GT)、6D6、6WC5、6E5(マジックアイ)で6Z−DH3AがGT管に変わっています。状態をみると真空管もかなり埃をかぶっています。手が加えられたのはかなり前のようです。ST管のベースにGT管のベースを接続して使っています。6Z−DH3Aが手に入らなかったためか、または手持ちの6SQ7GTで代用しようと思ったのでしょう。修理された方の苦労が感じられます。メーカー名型番を書いた銘板がありませんから、手作りのラジオかもしれません。ケースの状態が比較的良いので修理すれば使えそうです。真空管は元の6Z−DH3Aに交換したいですね。先日ふと思い立って秋葉原へ遊びに出かけました。いつも立ち寄る真空管を売っている店へいくと昔のラジオや蓄音機などが展示してありしばらく見てきました。そして、奇麗に修理してそれなりの場所に飾ると真空管ラジオも見栄えがするものだと改めて思いました。

2003.11.19 昭和5年に実用新案をとったナショナル豆電球
昔々の豆電球の紹介です。箱は古さを感じさせる文字や書き込みがあります。ナショナルランプ専用の電球であることが書かれています。面白いのはこれぞれの電球が微妙に違うことです。現在では1つの箱に同じ規格の電球が入ってるのが当たり前ですが、昭和初期はこのような売り方がされていたのでしょか?昭和5年当時ごく一般の人にとって、まめ電球を使った懐中電灯は高級品であったと思います。当時の物価かから比べると電池や電球などの消耗品も今のように気軽に買えるものではなかったと思われます。都会ならともかく、田舎では街灯もないでしょうから夜暗くなると出歩くことも少ないでしょうし、夜道を歩かなければならない時などはろうそくを入れた提灯などで照らすのが一般的だったようです。懐中電灯を使える人は比較的裕福な人だったと思われます。この電球の中に扁平な形をした電球がありますが、これは以前紹介した手動式発電機構を持った昭和18年頃の懐中電灯「ほたる」(2003年3月紹介)についていた電球とよく似ています。箱に書いてる説明がおもしろですね。

2003.11.16
東芝かなりやJ

最近がらくたばかり載せていますが、今日もがらくたの「東芝かなりやJ」です。小さいミニチュア管式5球スーパーです。マジックアイが付いていますので、6球スーパーとも言われる場合がありますが、基本的な回路は今5球スーパーです。使われている真空管は35W4,30A5,12AV6,12BA6,12BE6,6M-E10(マジックアイ)です。このラジオはスピーカーが2つ付いていますがステレオではありません。ラジオの形(スピーカーが付いている受信機)をしていてAMステレオ放送を受信できるものは、まだ見たことがありません。前回紹介した2つのAMステレオ放送受信機(がらくた日記2003年3月4月に載せてあります。)はスピーカーは別に取り付けるものでレシーバー付きアンプという感じです。この「かなりやJ」は見ての通りツマミの真ん中にある飾りが取れています。受信できるのはAMとSWです。

2003.11.13
トランジスターラジオ(PLOVER)

友人からいただいたTRラジオPLOVERです。聞いたことのない名前ですが、デザインはトランジスターラジオ全盛期のもののように思われます。内部は配線が外れている部分があり修理が必要です。革のケースが奇麗で高級感があります。内部はゲルマニウムトランジスターが使われています。製造年代は全く不明です。

2003.11.12
ラジオ回路ハンドブック(OHM文庫 昭和27年 萩原 進 著)の紹介

ラジオを修理するときに、どうしても基本的なことはを理解しておかないと、修理に行き詰まってしまうことがあります。私も素人ですからラジオの修理をするときに何度となく本にお世話になります。この本は回路の動作や原理が読みやす丁寧に書かれています。例えば、もっとも基本的なレオスタットとポテンショメーターの違い、可変抵抗器のABC型それぞれの回転角度と抵抗値の違い、昔なら知っていて当然なアースアンテナの原理などが、絵やグラフや回路図を用いて細かく説明があります。検波回路の説明には無限インピーダンス検波もあります。私が特に参考なったのはAVC回路や周波数変換回路の詳しい説明でした。今ではラジオに関する技術的な本は本屋さんや、最近あちこちで見かける大型の古本屋さんへ行っても見つかることはほとんどありません。しかし、東京神田の古本屋街にある明倫館地下1階へ行くと見つかることがあります。でも「これは!」と言う本に出会うことは少ないかもしれませんね。この本は以前紹介した「ラジオ修理メモ2巻、3巻」と合わせて私のラジオ修理に欠かせない本になっています。残念ながら著作権の関係で細かい内容は載せることはできません。

2003.11.9
真空管ラジオ(ナショナル5M−1)

一ヶ月ほど前に入手した真空管ラジオ5M−1ですが、手にれた時から真空管のヒーターが点灯しませんでした。とても上手な方が修理をされてたので簡単に直るかな?と思い、そのままにしていました。今日は暇ができたので修理をはじめましたが、回路図を見ながらチェックをしてみたとろこ、トランスの2次側(真空管を抜いても交流80V程度)が低く、ヒーター電圧はほぼ正常に出るものの真空管を付けると電圧が低くなり点灯しません。真空管はすべて正常です(もう一度チェックが必要かも?)。どうにか58と57はヒーターが点くようになりましたが、その他はだめです。しばらく経つとトランスが熱を持って熱くなってきました。熱くなるということは、定格以上の大きな電流が流れているということですから2次側回路かトランス本体に原因がありそうです。シャーシ内部の配線は奇麗にしっかりとされ、コンデンサーなどの部品も新しいもので、2次側の回路にショートやリークなどなさそうです。その後、しばらくチェックを重ね電源トランス故障の可能性が大であるとして今日の修理を終わりました。トランス2次側の配線を外してもう一度チェックをして、トランスが故障していることがはっきりしたら電源トランスを交換しようと思っています。でも、このラジオに合う電源トランスは、なかなか見つからないでしょうね。真空管は12F、12A、26B、57、58です。電源トランスは270V 20mA、5V 0.5A、5V 1.2A、1.5V 1Aが必要です。57と58はヒーターを直列に接続して5Vを加えています。 

2003.11.8
がらくた蓄音機の内部

今日から立冬になりましたが、こちら関東では暖かい一日でした。なんとなく蓄音機の内部を調べて見たくなって分解してみました。簡単に修理できるのであれば直そうと思いましたが、内部を調べてやめることにしました。部品としては使えるものがありましたが、保管すると場所を取るので古物屋さんへ持って行き引き取ってもらいました。

内部には修理の痕跡があります。まず機械部分を固定する木の板は交換されています。ストッパーもありません。

ホーンは部分的に壊れていて木製で安物のようです。コロンビアなどの良いものは金属でできたホーンです。ゼンマイモーターはシングル(1つ)です。良いもにはダブル(2つ)のゼンマイが使われています。このゼンマイモーターはほぼ正常に動きます。

速度調節用のガバナーはしっかりしたもので壊れていません。これが壊れているものはよくあります。クランクは手で持つ部分が無くなっていますが使えます。

もっとも大切な部分であるサウンドボックスは原型をとどめているもののスタイラスバーが折れかかり修理がされています。振動板は痛みはあるものの破れてはいません。普通はサウンドボックスの裏に会社名や型番などの銘が刻んであるのですが、これは何もありません。

2003.11.5
ちょっと昔の石油ランプ

石油ランプは明治頃から普及しはじめ文明開化の日本を象徴するものであったようです。それまでは行灯や燭台や灯台などを用いて明かりをとっていましたが。明治期に入り油壺に入った石油を毛細管現象を利用して吸い上げ、そこに火を灯し、ガラスの火屋を付けて使うランプが使われるようになりました。大正期に入ると電灯が普及し始め、石油ランプは徐々に姿を消していきました。現在ではインテリアや非常用として使われるくらいですが、その形や火屋から透けて見えるほのかな明かりが心を落ち着かせてくれます。このランプはさほど古くはなく、また、作りも安っぽいのでゴミみたいなものですね。付いているススや汚れが味わいを出しています。

2003.11.2
昔の手作り電蓄

そろそろ紅葉が綺麗な季節になってきました。さて、今日はずーっと以前に入手した電蓄です。でも保管が大変なので、すでに分解してしまいました。これはたぶん昭和20年代後半頃にどなたか作られたもののようです。ケースやシャーシー、部品を買って作ったんでしょう。当時としてお金がかかったことでしょう。この電蓄でレコードを聴く頃になるとLPレコードがそろそろ出始める頃でしょうか。あまり長く使われなかったかもしれませんね?内部はごく一般的な5球スーパーで80K、42、6Z−DH3A、6D6(エミ減)、6WC5、6E5(輝度低下)です。プレーヤー部にはクリスタルピックアップが使ってありますが壊れています。AKAIのフォノモーター付きターンテーブルは良好に動きました。大きいので部品取りとして分解してしまい今は存在しません。