過去の日記NO.13

2003/9/1〜6

昔のコンデンサー


1958年の広告NO.1

太郎の短波ラジオ実験
2003/9/10〜15

手回し式シンガーミシン

ポータブル型蓄音機
Columbia G−65
2003/9/20〜25

復刻版ナショナル坊や

ナショナル BX−220

2003.9.25
ナショナルラジオ BX−220

ちょっと昔の真空管式ラジオナショナルのBX−220です。色違いで同じ機種の番号を見たことがあります。デザインはあまり良くありませんが当時の真空管式ラジオの雰囲気はあります。使用真空管35W4,30A5,12AV6,12BA6,12BE6です。この頃はトランジスターラジオも発売されていましたが、真空管式の方が値段が安かったのでしょうか?これもかなり汚れていて真空管の時代が終わった25〜30年くらい前はゴミのようなものだったんでしょうね。今でも一部のマニア以外の人にはゴミだと思いますが・・・・。と、すると我が家はゴミでいっぱいです。

2003.9.20
ナショナル坊や(復刻版)

日常の生活に電気器具がたくさん使われ始めたのは昭和30年代からですが、ナショナル坊やはその頃ミキサーの広告に使われた野菜や果物のイメージで作られたキャラクターの中から特に可愛いとされたトマト坊やを基に作られたことが箱に裏に説明されています。その後、松下電器の宣伝にたくさん登場しました。そう言えば昔よく電気店の店頭に飾ってありましたね。髪の毛を七三に分け、胸の所に大きく「N」のマークが付いた人形が印象的でした。その頃は他の会社(SONYなど)も人形のキャラクターをつくって宣伝してたことから流行っていたんですね。写真のものは復刻版で2000年?に懸賞に当選した人がもらえました。私の場合はその年にナショナルの販売店から直接いただいたものです。人形は貯金箱になっていますが、昔500円玉はありませんので今の500円玉は入りません。「復刻版ナショナル坊や」はヤフーのオークションに出ていますが復刻版なのでまあり人気はないようですね。でも昔の人形のかわいらしさがあります。

2003.9.15
戦後?の蓄音機 Columbia Viva〜tonal Grafonola(G−65)
今日は久しぶりの蓄音機です。ポータブル型で持ち運ぶことがきで電気が無くてもどこでも音楽を楽しめます。最近の機械は電気で動くものがほとんどで電池を内蔵していますが、この頃の蓄音機はゼンマイの力で動き環境に優しい?ですね。状態は比較的良いのですが、サウンドボックス(COLUMBIA No.29)についていたゴム状のものが何故か溶けるように流れ出しています。これを綺麗にするのはちょっと大変でした。昔のもの違いこのサウンドボックスにはプラスチックのような材質が使われています。簡単に言うと安っぽい!戦前の高級品は金属で作られて高級感があるのですがこれは簡単に作られれています。音は蓄音機独特の高域と低域の無い音ですが、何となく懐かしいような味のある音がします。全体の作りやメッキ部分が綺麗なことから戦後に作られたものだと思います。昭和20年代になると電気蓄音機もだんだん一般的になってきたので、昔ながらのゼンマイ式蓄音機は徐々に廃れていったのでしょう。そしてLPコードも発売されて録音時間が長くなり音質も良くなっていっていきました。

 

2003.9.10
昔のミシン(手回し式のシンガーミシン)

いくつかの文献や写真やお年寄りの方の話から、戦前から戦中の頃まで日本人の服装は一般的に和装が主流であったらしい。今のように洋服が主流になったのは、戦後のことで、戦時中から終戦直後の衣料不足で自分で服を作るか誰かに作ってもらわなければならなかった。そのためミシンが必要になったようです。洋服を作るのに必要なミシンは戦後、ラジオのようにたくさんのメーカーが売り出しいました。私の母も昭和20年代にミシンを買って子どもの服を縫っていました。このミシンはいつ頃のもでしょうか?アンティークミシンに関するホームページもありコレクターの方もいらっしゃるようですね。このミシンは価値のあるものでありませんが内部の構造を見たり、どのくらい綺麗になるか調べてみたいと思います。

2003.9.6
太郎の短波ラジオ実験「寺沢春潮著 昭和22年9月10日発行 牛込書房 」

戦後間もなく発行された短波ラジオの関する本です。太平洋戦争が終わって間もない頃、太郎という主人公が兄さんに短波放送の受信の方法や受信機の作り方を教えてもらう様子が物語風に書かれています。短波放送を聞くことが禁止されていた戦時中の様子などがよくわかります。並四ラジオを改造して短波を聞く方法を真剣に聞く太郎の様子が良く表現されていて、技術解説書としてだけでなく物語としての面白さもあります。使用されている紙はとても質が悪く、終戦当時の状況が伝わってきます。すみませんが著作権の関係で内容は載せられませんでした。

2003.9.3
1958年の広告(ビクターのテレビ14T−470型)

昭和33年のビクターテレビジョンの広告です。長い4本足がついていて、ブラウン管の隅が丸く懐かしい形のテレビです。文面からウイングアンテナがついていて、電界強度の強いところでは外部アンテナが不要でなことがわかります。チャンネルは11チャンネルで新放送局の増設にも備えていると紹介されています。今では12チャンネルでも足りず、UHF・衛星放送・デジタル放送と、たくさんのチャンネルがありますが、見る暇がありません!(私だけでしょうか?)。蓄音機に耳を傾けるこのワンちゃんはニッパーという名前でしたね。HIS MASTERS VOICEと書かれたビクターのマークが懐かしくいいですね。

2003/9/1
昔のコンデンサー

ラジオを作るときに必ず使う部品にコンデンサーがあります。今日は昔のコンデンサーでバリコンと大きな角形のコンデンサーです。バリコンは昔から形状があまり変わりませんが、昔は少し大きくできています。ポリバリコンも大きいですね。比較になるものを置いて撮影しなかったのでわかりにくいと思いますが現在のものと比べるととても大きいです。中が見たくて角形のコンデンサーを開けてみました。電極になる金属の箔に紙らしきものを絶縁物に使って巻いて、蝋のようなもので固めてあります。それをいくつか鉄製のケースに入れてあります。外形の大きさにしては容量も小さいです。このコンデンサーは昭和10〜12年頃のラジオのついていたものです。写真にある小さな角形のコンデンサーは「紙蓄電器 0.5μF 1000V??」 と表示があります。ポリバリコンには270μμF 18−12と表示があります。