過去の日記NO.12


2003/8/1〜7

大きな電話機(OKI)

HITACHI 扇風機
2003/8/10〜13

扇風機の速度調節

ウランガラスの
デザートディッシュ
2003/8/20〜29

三菱トランジスタラジオ
8X−188
 

アンプそれともラジオ?

2003.8.29
なす型真空管使用のアンプそれともラジオ?

何かと忙しくて更新ができませんでした。いろいろやりたいことがあったのですが、夏もそろそろ終わりでですね。
今日は昔々のラジオのアンプらしきものです。写真も見てもらうとわかりますが、同調用のコイルやバリコンが見あたりません。使用真空管はUX-226(マツダランプ サイモトロン),KX-112-B(マツダランプ サイモトロン)ですが112B(半端整流用2極管)が使われているのがちょっと不思議です。外部から電源を取り入れているので整流は必要ないので?・・・。検波管として使えるのでしょうか?ケース裏の様子を見ると、下の方にA,B,C電池をそれぞれつなぐ穴が開いています。内部は空中直角配線になっていてかなり古いことがわかります。本来ならも1つトランスがついてた様子が見られます(内部写真右側)。これはいったい何でしょう?実際の配線を回路図にしてみないと何とも言えません。

2003.8.20
三菱のトランジスタラジオ MODEL 8X−188

とっても汚れているけど、ちょっと古い三菱のトランジスタラジオです。革ケースがついていますが、少し欠けているところがあります。8トランジスターで受信バンドはMW 592〜1605KC  SW 3.8〜12MCです。電池は単3が4本でニッカド(NBS−622)が使えるようです。重量感のあるしっかりとした作りで高級感があります。昭和30年代中頃から終わりの頃にかけてのものでしょうか?内部は写真のようになっていてゲルマニウムTRが使われています。ほとんどゴミのようなラジオですが、最近こんなラジオでも値が付くようになってしまい売る人はいいのですが集める人にとっては困ったことですね。

2003.8.16
「自の魂」という健康機具
いつも見てただきありがとうございます!今日でホームページを開設して1周年を迎えました。はじめはホームぺじづくりの練習として始めましたが思いもよらず1年間続けられました。これも、見ていただいている方々の御陰と思っています。ありがとうございました。
 1周年を記念して今回は「自の魂」というな戦前から戦中にかけて売られていた怪しげな健康器具を紹介します。リンクをお願いしている内田さんの「ラジオ少年の博物館」にも詳しく載っていますので見てください。
       <自の魂> 

2003.8.13
ウランガラスのデザートディッシュ

機械や電気となど全く関係のないものですが、何となく綺麗なので好きなものです。サイズはおよそ高さ8.cm,口径10.5cm底の直径7cmほどです。ブラックライトを当てると右の写真のように綺麗に発光します。ウランガラスがちゃんと製造販売されたのは1830年頃のボヘミアだそうです。それ以前にウラン元素発見者のクラプロートがウランをガラスに混ぜると綺麗なガラスができることを発見しているらしいです。日本では大正から昭和初期にかけてたくさんウランガラスが作られるようになり。時計のフレームや日用品のコップなどをウランガラスでつくったようです。ウランが入っているからといって放射能がたくさん出ているわけではなく、一般的な一人の人が出す放射線量よりも少ないということです。詳しくはウランガラス専門のホームページをご覧ください。

2003/8/10
扇風機の速度調節

きょうもやっぱり扇風機です。扇風機の速度調節に関してメールなどで質問がいくつかあったので簡単に説明します。昔の扇風機は基本的に「かご型単相誘導モーター」です。回転速度は電源周波数に比例し、極数に反比例します。また負荷や加える電圧で回転速度は変化します。私が関わった大正から昭和にかけてのものは際だった速度調節はできませんでした。「昔のものだから、のんびりとゆっくり回るだろう」と思うのは勘違いで、とても力強く回り「のんびりと風情を味わう」などはできません。そこで、写真のような器具を使うと速度調節が簡単にできて快適です。これに類似するものが他の会社からも発売されていると思います。値段は2500円くらいです。「これ、トライアックで制御してるんでしょうか?」HOZAN H−17 AC100V 50/60Hz 200Wまで 電球の明るさや回転数などが調整できます。コンセントに差し込むだけです。
<「自の魂」という名前の昔の健康器具を調べて準備をしてます。近々載せます。>

2003.8.7
デザインの良い日立扇風機(20年代後半〜30年代初期?)

夏真っ盛り!と言いたいところですが、今年は少し気温が低いようです。扇風機のコレクターをインターネットで探してみるとほとんどいません。でも、ヤフーのオークションなどを見るとデザインの良いものは結構入札があり落札されています。と言うことは集めている人がいるんでしょうか?不思議です。さて、この日立の扇風機はデザインが気に入っていて好きなタイプです。色はペパーミントグリーンで当時流行ったものです。傷の少なくとても状態が良いので入手しました。静かで快適に動きます。電源コードは(オリジナルは丸いタイプで同じような色のもの)交換しました。

2003.8.5
大正時代の扇風機(芝浦製作所SEW)の修理日記
以前からお話ししていた、大正時代の扇風機の修理日記を載せました。今回はいくつか質問があったので写真をたくさん載せましたのでよろしければ見てください。扇風機はその時代で少しずつ違いが見られますが、注意深く見ないとないと皆同じように見えます。見た目大きく違うのは羽や羽カバーのデザインでしょうか?今回のものは私が持っている中で一番古いものと思われます。 <修理日記>をご覧下さい。  8/6(水)に2カ所訂正致しました。

2003.8.2
大きな電話機(菱形にOKIは沖電気?)

今日は大きな電話機です。ちょっと派手なデザインの電話機でとても大きく、立って使うのにちょうど良い高さです。日本の家には合わないように感じます。どんなところで使われていたんでしょうか?底の蓋を開けて内部を見ると、部品の様子から昭和30年代に作られたように思われます。コイルには1969、コンデンサーには菱形の中にOKIのマークと1960の文字が書かれています。また、ダイアルにも菱形にOKIのマークがあり、真ん中にはドラゴンのような絵柄が描かれています。家で使って見たところ正常に使えました。呼び出しベルはあまり大きな音ではなく静かに鳴ります。タバコのヤニのような汚れが付いていますが磨き込めば綺麗になると思います。受話器についているコードはカールコードでなくてストレートのコードです。全体が金属製で重いものですが一人で運べます。でも、大きくて邪魔です。こんな電話機を当時使っていた方はどんな人でしょう?
<別件ですがウランガラスの置き時計に修理を修理日記に載せました。>