過去の日記NO.11
この日記はいずれ、それぞれの品物の種類別のページに整理した後、順次削除します。

2003/7/1〜5
タンガーバルブ
(新型マツダ2AMP)


扇風機(芝浦製作所)大正期?
2003/7/9〜16
昔の扇風機の台

がらくたラジオ(flawer-radio)

八角型掛け時計(明治期)
SEIKOSHA
2003/7/19〜24
SHARP micro compet
(QT−8D)


ナショナルラジオ
(UA−350)

2003.7.26
扇風機の修理について
メールや掲示板などで芝浦製作所(SEW)の扇風機の修理に関する質問がいくつかありましたので、素人なりに考え試してみたことを修理日記に載せました。昔の扇風機に関しての文献や修理方法などいろいろ探してみましたが見つからず、自分なり考えてやってみました。特に難しのはモーターのコイルの巻き方で専門的な知識が必要ですね。誘導モーターを一つ分解して調べてみましたが、コイルの巻き方はまだ完全に理解できていません。こんなものですが、少しでも修理される方の参考になれば幸いです。詳しくは修理日記をご覧下さい。

2003.7.24
ナショナルラジオ(UA−350)

このところ昭和30年代に人気があるということで、このようなプラスチックキャビネットラジオも人気が出てきているようです。私がラジオを集めはじめた頃はまだヤフーのオークションもありませんでしたので、骨董屋でもプラスチック製のラジオはあまり人気が無く安かったように思います。しかし、真空管もミニチュア管で比較的安く簡単に入手でき、劣化している部品も全体的に少ないなど修理し易いように感じました。オークションなどを見ていると最近は整備され綺麗なもの(デザインも含めて)はとても高い値段で落札されています。良いのか悪いのかわかりませんが面白い傾向です。今日のラジオは私の大切な友人からいただいたものでデザインがちょっと変わっていて気に入っています。真空管は35W4、35C5、12AV6、12BA6、12BE6です。左側面内側に回路図が貼ってあります。内部に予備の真空管と思われるものが5本入っていました。

2003.7.19
SHARP micro compet (QT−8D)

今日はジャンク品ですが1969年頃に発売された小型電卓です。伝片手で持てるくらいの大きさで持ち運びもできそうなものです。表示はシャープ独特の丸みを持った書体です。LSI(AU2271−7006とDC2266−7005でCMOSとも思われます。)が4つ使ってあります。トランジスターは”SA4549が12個使われています。基板は引き抜くと簡単に取り外せるようになってにいます。4月13日に紹介したSHARP Compet 364Rよりもコンパクトで「+」キーもあり定格は7Wです。今では不燃ゴミですが、 発売当時はとても高価なものだったんでしょう。

2003.7.16
八角型掛け時計SEIKOSHA(明治期?)

私のいる関東地方では梅雨明けが待ち遠しいこの頃です。今日は写真のような昔の柱時計です。たぶん明治期と思われるもので、振り子ケースの内部にSEIKOSHAの文字が書かれています。八角形の掛け時計は初期のものは文字盤など上の部分が大きく振り子の入る部分は小さく作られているようです。時代が経つに連れて文字盤は小さくなり、制度を高めるために振り竿の長さが長くなり、振り子の入る部分もだんだん大きくなったようです(詳しいことはわかりません)。この時計は、文字盤など上の部分が下の部分に比べて少し大きいので、比較的古いものであると思います。店でこの時計を見ていたら時計に詳しい方がいて、「これ文字盤が張り替えられていますね」と私が言うと、「文字盤は消耗品だから仕方ないですね。」周りの花鋲や周りの金属の飾りもオリジナルだし、ゼンマイを巻く鍵もオリジナルだから良い方だよ!」と言っていました。本当かな?と思いましたが信じてしまいました。元気に動きますがメンテナンスが必要でしょう。


2003.7.13
がらくたラジオ(Flawer-radio)

今日はボロボロのラジオで、たぶんキットか部品を揃えて素人の方かラジオ屋さんが組み立てたラジオだと思います。埃まみれで錆も出ています。スピーカーはフィールドコイル型、真空管は一般的な80K(ナショナル)、42(OLDONオルドン)、6ZDH3A(シグナル)、6D6(TEN)、6WC5(ナショナル)です。真空管のメーカーがこれほどバラバラなのは珍しいですね。42のOLDONと6D6のシグナルという会社もあまり見かけません。当時の小さいメーカーのものなのでしょうか?全面にあるつぎあて部分はマジック用の穴をふさいだようです。メーカ品でないラジオは部品取り用に購入しますが、時々珍しい真空管や部品が付いていることがあります。

2003.7.9
昔の扇風機の台

梅雨も本格的になり毎日曇り空か雨で青空が恋しくなります。さて、今日は先月の扇風機の広告でお話しした扇風機の台です。木製で古いものですが、扇風機を載せるととても様になります。今回は以前修理した芝浦製作所の扇風機を置いてみました。片方はベアリング(写真を見て!)が入っていて上の部分が回転するようになっています。もう一つはただの丸い台です。でも木目が良い味を出しています。昔は扇風機をこのような台にのせて使ってたいようですが、何となく落ちそうで心配ですね。確かに高いところから風がくるといいのでしょうね。今の扇風機みたいに上に伸びませんから台の上に置くしかなかったんでしょう。オークションなどを見ていると、他にもいくつかの形があるようです。この扇風機どちらも回転しないものでしたが修理後はとても調子よく動いています。室内では写真があまり綺麗に映らなかったので庭で撮影しました。詳しくは扇風機の項目を見てね!

2003.7.5
むかし、むかしの扇風機(芝浦製作所SEW製)

関東地方もとても暑くなり、扇風機の出番がやってきましたやってきました。このところメールなどで扇風機の修理に関してのいくつかの質問がありました。ヤフーのオークションでデザインの良い昔の扇風機が高値で落札されていますね。有名なメーカーとして「芝浦製作所(SEW)」「三菱」「SEIKOSHA(SKS)」「川北電気(KDK)」「GE」「」などがあります。今日は芝浦製作所製で大正期のものと思われる扇風機を紹介します。外観はとても汚く羽なども少しゆがんでいますが回ります。薄緑色に塗り替えられた痕跡あり。真鍮製の4枚羽根で首振り機構付き。(ものによっては首振りの付いていないものもあります。)羽のカバーは簡単で古いものであることがわかります。この夏には修理してみたいと考えていますので、できたら修理の様子を載せます。どれだけ綺麗になるでしょうか?

2003.7.1
マツダ2AMP タンガーバルブ

ちょっと専門的なので付属の解説書を紹介します。使用上の注意に次のように書いてあります。「この2アンペア タンガーバルブは厳密なる工場検査を経たものでありますから、信用のある充電器にご使用になりますと寿命も長く、且つ充電作用も完全に行われます。フィラメント電圧は2.0(無負荷)〜1.7(全負荷)ヴォルトが適当であります。之よりも高くても低くても寿命が大変短くなります。1.8ヴォルトの時のフィラメント電流は約10〜12アンペアであります。往々にしてフィラメント電圧が低い時に反してフィラメントの寿命を長くするかのやうに考える方がありますが、誤解も甚だしいものでありまして特にB電池の如く電圧が高く電流の小さいものを充電する場合は其の影響が甚だしいものであります。充電電流は2.5アンペア以下でないとバルブの寿命が大変短くなります。・・・・特性タンガーバルブの特性は真空管も場合とすっかり様子が異ひります」タンガーバルブでは一般の瓦斯放電管と同様に両電極間にかかる電圧は電流にほとんど無関係であります。(7〜10ヴォルト)又、整流を開始させるにはこの電圧よりも大きな電圧を必要とするものでありまして、この放電開始電圧の値は10〜15ヴォルト程度であります。・・・・・・・」など、このタンガーバルブの使い方に関する説明が紙の裏表に図入りで細かく書かれています。<東京芝浦電気株式会社 マツダ支社 神奈川県川崎市>とあります。昨年10月25日のがらくた日記で紹介した「NOJIRADIO COMPANY Tungar Battery Charger」に使えそうなものです。今のように高性能の半導体でできた整流素子が無かった時代は、このようなものでで整流してバッテリーに充電していたんですね。