過去の日記NO.10
この日記はいずれ、それぞれの品物の種類別のページに整理した後、順次削除します。

2003/6/1〜6
ウランガラスの置き時計
SEIKOSHA


シルバー(SF−700)
2003/6/10〜15
1950年の広告NO.16
ナショナル扇風機

昔のポータブルラジオ
HITACHI HK−903D

2003/6/20〜28
出所がはっきりしている
5球スーパーラジオ


ニコンR10

ヒゲゼンマイ交換は難しい

2003.6.28
ヒゲゼンマイノン交換は難しい・・・

今日は時間があったのでウランガラスの置き時計(テンプ式)の修理を少しはじめました。ヒゲゼンマイの交換は難しいですね。はじめてやる私にとっては試行錯誤の繰り返しです。中古のものを含めて4つヒゲゼンマイを潰してしましました。どうにか動くようになるのですが、スムーズな調整ができるようになりせん。ヒゲゼンマイの大きさもちょうど良いものを用意しないとダメなようです。テンプ式の時計修理の難しさを痛感しました。でも、まだあきらめていません。「いずれ直してやる!」と自分では思っています。ヒゲゼンマイをテンワに取り付け、ヒゲゼンマイの形を整え取り付けるのがとても難しいです。私のような素人が手を出すと大変なことのになるのは当然ですがやめられません。再度挑戦します。 


2003.6.24
手放してしまった貴重な8ミリカメラ(ニコンR10)

数年前手放してしまった貴重な8ミリカメラ(ニコンR10)です。古物屋で綺麗でデザインが良かったので3000円で買ったのですが、その時にはカメラには興味が無く手放してしまい今となってはちょっと後悔しています。8ミリカメラでは当時とても高価なものでレンズにカビは無くとても綺麗で完動品でした。おまけに説明書とニコン製のバックまで付いていました。8ミリカメラはまだマニアや学生の自作映画などで人気があるようです。特にシングル8用でいろいろな撮影が可能な物は高値で取引されているようです(このカメラはシングル8ではありません)。数年前までは良い8ミリカメラや映写機などがリサイクルショップ出回ってましたが、最近はあまり見かけなくなりました。テレビのコマーシャルなどで8ミリカメラを持っている姿を時々見かけます。人気があるんでしょうね?高性能のデジタルビデオカメラが沢山売り出されている現在だからこそ、昔の8ミリフィルムの良さ(?)が見直されているのでしょうか。


2003.6.20
出所がはっきりしている5球スーパーラジオ(ラジオ商組み立て品?)

こんにちは、しばらくぶりの更新です。今日は写真のようなラジオ商組み立て品と思われる、汚れたラジオの写真です。埃がたまっていて、かなり長い間放置されていた様子です。真空管は12F、6ZP1、6ZDH3A、6D6、6WC5の標準的5球スーパーで、アルミシャシーに組み立てられています。昭和20年代後半のものでしょうか?このラジオの珍しいところは裏蓋に名詞より少し大きな紙が貼られていてそこに売られた(作られた)?と思われる店の名前が書いてあります。「電気工事、電気機械修理 請負 ラジオ修理及部品販売 石川電気商會  栃木県下都賀郡部屋村蛇沼1424」 このようにはっきりと書かれているラジオを見たのははじめてです。まだ、このお店はあるのでしょうか?知ってる方がいましたら教えてください。ジャンク品で部品取りにでも使おうかと思い買いましたが、出所がはっきりしているので修理するのも面白いですね。 

2003.6.15
HITACHI HK−903D

関東地方も本格的な梅雨に入り、ぐずついた天気が続いています。本業ではありませんが野良仕事が忙しく「がらくた」で遊んでいる暇が最近ありません。今日は昔のラジオ(HITACHI HK−903D)を載せます。このラジオ何となくデザインが気に入ったので入手(鳴らないのでとても安かった)しました。周波数の表示はKCで、FM/AM TRANSISTER 9 HIPHONIC と書かれています。FM 76〜90MC AM 535〜1605KC 電源はUM−2×4です。昔のままの電池が入っていて液漏れらしい状態です。バーアンテナからの赤いコードも1本切れています(コードの途中で切断されているので付ける場所はすぐわかります。)またアンテナも根本で曲がっています。かなりのジャンク品ですが、値段もそれなりなので納得でした。FMが受信できるので30年代後半(1963年頃)でしょうか?HITACHIのロゴは昔のものでした。いずれ修理したいと思います。

2003.6.10
1950年の広告NO.16(ナショナルの扇風機)

関東地方の梅雨入りもそろそろですが、蒸し暑い日がこれから続き扇風機が欲しくなる季節ですね。この広告はナショナルの扇風機で形や作りは戦前の扇風機とあまり変わらないデザインです。羽の数が何枚かは不明ですが、3枚羽根かもしれません。戦前の扇風機は黒色・4枚羽根(真鍮)でとてもレトロです。この広告は当時流行ったペパーミントグリーン色の扇風機です。古物屋さんの店先で戦前の黒い扇風機が薄緑色に塗り替えられているものを沢山見かけます。この頃に塗り替えられたのでしょうか?速度調節回路やモーターなど基本的な部分は戦前の物に比べてさほど進歩したとは思えません。風を送る羽の形状などは研究され改良されたと思われます。昔、扇風機は木の台の上に載せて使われました。この絵では小さな椅子のような形ですが、もっと昔はもう少しオシャレです。今度、紹介します。

2003.6.6
真空管式ポータブルラジオ(シルバー「白砂電気」のSF−700)

仕事や個人的なことで忙しくなり、しばらくぶりの日記です。これは50年ほど前の電池式真空管を用いたポータブルラジオです。まだ、SONYのトランジスタラジオが発売される前のものです。デザインは気に入り入手しましたが、見ての通りスピーカーが無く、真空管も1本壊れています。手に入れてから中をよく調べると、バーアンテナの同調コイルも少し痛んでいるようです。内部は誰か触った様子が見られ半田付けがはずれている部分が1カ所ありました。かなりのジャンク品ですが、外観はとても綺麗です。このように綺麗なものは誰かの手が加えられている可能性が大です。ネットオークションでは特に気をつけたいですね。このラジオは幸運にも回路図が綺麗に残っていたのでどうにか復元してみたいと考えています。真空管は今でも比較的安く手に入りました。でもSFがついてるので探すのに手間がかかり、値段も少し高いです。SFが付いているのでヒータ電流の少なくいタイプです。スピーカーもどうにか入手でました。直るかどうかはやってみないとわかりません?好きなデザインなのでがんばって直したいと思っていますが、さて、どうなるでしょうか?

2003.6.1
ウランガラスの置き時計(精工舎)

昨日からの台風もどうにか過ぎ去り、ほっとっしたらもう6月です。今日は戦前に使われていたと思われるウランガラスでできた時計です。この時計、手に入れたときからあまり正確に動きません。テンプ式の時計の修理はやったこともなく、どうしようかな?などと考えています。とりあえず、内部を見たいのでガラスのケースから取り出してみました。テンプのひげゼンマイをルーペででよく見ると繋いであります。以前どなたか修理をされたようです。直るかどうか自信がありませんが、修理には時間がかかりそうです。うまくいったらいずれ「修理日記」に載せます。ウランガラスと言えば紫外線に当てると幻想的に光るのでちょっと人気があるようです。昔の氷コップなど綺麗なものが時々ネットオークションなどで見かられます。下の暗い中に薄緑色に光っている写真がブラックライトを当てた時の状態です。あまりきれいに写真が撮れませんでしたが、ブラックライトの紫外線によりガラス内部からウランガラス特有な光が出ているのがわかります。