過去の日記NO.1

この日記はいずれ、それぞれの品物の種類別のページに整理した後、順次削除します。

2002年8月〜9月

8/24〜29
・階段箪笥
・ICF-5800など
9/1〜13
・AICHI時計
・TR−86
・OCCUPIED JAPANの時計
9/19〜21
・SONY ICR-90
(小さいラジオ)

・CROWN
(キットのTRラジオ)
9/24〜29
・Homerのラジオ
・UZ−78
・UZ−6302

SONY
・TR−724

2002.9.29 
SONY TR−724 かっこいいTRラジオ。

今日はSONYの昔のTRラジオ TR−724です。発売は1960年頃?でしょうか。42年前のラジオですね。丸ダイアルでユニークなデザイン。アンテナはペンのようにできていて、胸のポケットにも挿しておけるようになっています。残念ながらSONYの銘板がありません。006Pを1つ使用。動作は良好です。MW535〜1605KC SW3.9〜12MCです。イヤホンもレトロな雰囲気があります。比較的重量感のあるしっかりとした作りのラジオです。動作は良好。30年代の雰囲気を十分もっています。

2002.9.28
30年代モノが人気?
「最近、真空管ラジオが出ないな?」と思っていたら、いつもお世話になっている店の主人が「このところ30年代の家具が人気なんだ。」「だから当時のラジオも欲しい人がいて高いんだ!」と言うのです。30年代モノ?そういえば30年代の家具、電化製品、漫画、おもちゃなど独特な雰囲気と形がありますね。私も30年代はじめの生まれなので何となく懐かしく思います。当時、買いたくても買えなかったモノを今なら買える。私も、そんなささやかな思いから古いモノを集めているのかもしれませんね。ヤフーのオークションが始まった頃からほとんど毎日のように覗いていますが、最近は一時期に比べて状態の良い真空管ラジオが少なくなってきたかもしれません。あっても状態の良いものは落札価格が高くなります。私には買えませんね。ラジオ用真空管も同様、元箱入りで未使用のものは少なくなってきました。季節や時期によって出品や落札価格に波はありますから一概に言えませんが、良いものはだんだん少なくなると思います。

2002.9.27
昔の真空管 UZ−78 と UZ−6302

このところ更新してませんでしたね。幾つか入手したものはあるのですが、汚くて家に入れられないので今日古物屋で買ってきた真空管を紹介します。何気なく置かれていた2本の真空管を良く見ると78と6302と書いてあります。78はマツダで6302は会社名不明。どちらもかなり古そうでした。使えるかわからないので2本で500円。まあいいか!ということで家に帰ってから、全日本真空管マニュアル(私が高校生の時に買って使っていた本。懐かしい!)で真空管の素性を調べました。78はRF増幅用5極管 Ef6.3V If0.3A ピン接続は58や6D6と同じ、規格は6D6に近いのかな?でも6D6はリモートカットオフなので違うのかな?などと考えて???。チューブテスターでチェックしてみたら良好でした。6302は電信管規格表に載っていました。広帯域増幅用5極管です。Ef6.3V If0.6Aです。接続は78と同じです。6032はgmが10000で大きいです。あ、これは電極のショートでNGです。でもディスプレイ用にとっておきます。
今日はあまり面白くない日記になってしました。明日はもう少し面白くなるぞ!


2002.9.24
Homerのラジオ

最近小さいラジオをご紹介してますので、今日はHomerの4トランジスタラジオです。最近はHomerという名は聞きません。
1つはHomer MINI SUPER MR−3です。これもSONYのICR−90と同じくらいの大きさのラジオです。高級感はありませんが、電池(A−76、G13、最近はLR−44でOK)2つを入れてみると良く聞こえます。これは2000年の12月頃に買ったものです。800円くらいだったでしょうか?もう1つはHomer 4SP−420 4 TRANSISTOR RADIOです。006Pを使います。これも2000年頃に買って置いたものです。動作は良好です。どちらも4TRで安物のようです。4とは中途半端ですね。でも真空管の5球スパーラジオと比較すれば納得ですね。

2002.9.21
CROWN
 TR KIT と表示があります。
今日は前回のICR−90と一緒にある方から譲っていたただいたクラウンのTRラジオのキットを紹介します。TRK 100と書いてあります。1958年頃のものです。内部はトランジスター(HITACHI HJ54)が1つ使われています。と言うことは1石ラジオですね。スピーカーは無くイヤホンで聴くタイプです。残念ながら壊れていて聞けません。いずれ修理にチャレンジしてみようと思います。基板をみて回路図を起こさないと修理出来ないかな?などと考えています。何故かというと、下手な半田付けがしてあり素人の方が組み立てた様子で、配線に間違えがあるかもしれませんので・・・。内部の部品からしてかなり古そうです。トランジスタラジオのもキットがあったのでしょうか?全体的に味のあるデザインと色です。外形は、よこ、たて、奥行きが58×74×25mmです。


2002.9.19
ICR−90
 昔のとても小さいラジオ
久しぶりに更新です。今日はめずらしいICR−90をご紹介します。販売された時期は1967〜1970年頃?でしょうか。MONOBRID ICといものが使われています。これはHybrid IC(素子を集積したIC)の中にMonolithic IC(小さなシリコン板に印刷したIC)を組み込み両方のICの長所を組み合わせたもです。電源はニッカド電池2つ(直列)が使われています。裏の充電端子に付属の電源アダプターを差し込んで充電します。説明書を見ると14時間充電で3時間使えることが書いてあります。大きさは外形がよこ5cm、たて3cm、奥行き1.8cmくらいです。スタンダードから出ていたマイクロニック・ルビー(8石TRラジオ)とよく似ています。キーホルダーみたいで可愛いラジオです。使えなくてもアクセサリーになりますね。これは動作テストをしていませんのでいずれ電池を見つけて確認してみる予定です。内部は昔の部品がぎっしり詰まっています。よくここまで小さいものを作ったものです。説明書の中には「どうぞ いつまでも あなたのアクセサリーとしてご愛用ください。」と書いてあります。やっぱりアクセサリーなんですね。



2002.9.13
急に体調を崩して発熱。明治時計
めずらしく、昨夜から熱を出してしまい今日は仕事を休ませてもらいました。昨日の続きの、もう一つのものはとても汚れていて家の中に入れられるようなものではありません。MEIJIの掛け時計(MADE IN OCCUPIED JAPAN)700円がそれです。終戦(1945年)からサンフランシスコ講和条約(1951年9月8日)で調印された(1952年4月28日)までの間、日本が連合軍の占領下にあった時代には「MADE IN JAPAN」ではなく「MADE IN OCCUPIED JAPAN」と記さなければならなかったのは皆さんご存じでしょう。文字盤のガラスは球面状になっていて、振り子の所のガラスは3つに分割され面取りがされ奇麗です。文字盤は金属製ですが痛んでいます。この時計は全体的に痛んでいていますが700円なので安いと思いました。もう少しお金を出せば状態やデザインの良いものがありますが、私は捨てるようなものを、使えるようにするのが好きなので買ってきました。と言うよりも「高いものは買えない」と言う方が正しいですね(笑)。そのため、私の集めているものはのは「がらくた」ばかりです。文字通りがらくた修理です。この時計がどれだけ奇麗になるか楽しみです。



2002.9.12
SONY TR−86
(1959年発売)の残骸もらったぞ!
今日は久しぶりに日記を書きます。仕事が忙しく頭の中が仕事のことでいっぱいでした。気晴らしに仕事の帰り道、行きつけの古物屋へ立ち寄りました。もう薄暗くなっていましたが、なにかないかな?と見ていると、店の主人が「壊れたラジオがあるよ」みるかい?というので後を付いて行くと自動車の中から壊れたラジオを1つ出して「これあげるよ」と言うのです。なんとSONYのTR−86です。確かに前面のパネルが取れていますが本物です。めずらしいものなので喜んでもらってきました。部品とりにでも使えそうです。それから、もう一つ品物ゲットしました。それは、明日報告します。








2002.9.9
 先日見ためずらしいモノ。それは昔、病院や診療所や保健室などで使われていた、四方がガラスでできていて治療用の器具や薬品などを入れて置く白く塗られた戸棚。ちょっと前にはあちこちの診療所などで、見かけたあの戸棚です。かなり古いもので、あちこち痛んでいますが、当時の風格があります。棚もガラスでできていて、すべてのガラスは良く見ると微妙に波打っていて古いガラスであることがわかります。扉のガラスのは消毒済(本当は古い漢字で書かれている)の文字。値段は19000円。もしかして0が1つ多いのかな?なんて思いましたが、「店の人に聞くとこれは人気があるんだ」「安いよ」「普通なら60000円はするよ」と教えてくれました。私の世界ではないので欲しくはありませんが、こんな世界もあるのかと驚きました。 

2002.9.8
先日骨董屋で見つけた柱時計です。ごく普通のゼンマイ式時計です。比較的新しい時代の時計だと思います。昭和30〜40年頃のものでしょうか?AICHI TOKEI DENKI K.K と会社名が入っています。文字盤にはNAGOYAとも書いてあります。
文字盤のガラスは球面状になっています。安物はフラットなものが多いのですがこれは面白いです。振り子の所のガラスは小さな切り子のような飾りが入っています。内部も手を加えた様子もなくオリジナルです。機械部分もしっかりとした作りです。まだ、テストをしていませんが、たぶん動くでしょう。いずれ分解して内部も確認したいと思っています。

2002.9.1
骨董市を少しだけ見てきました。何かいいものはないかな?と行ってきましたが、私の好きなものはありませんでした。
暑い日だったので店の人も大変そうでした。氷コップを売っている店があり、覗いてみると3000円から4000円くらい。縁の部分に白や青のぼかしが入ってるようなものです。機械物は少なく、見るものもあまりなかったのですが、昔の8ミリ撮影機がありました。かなり古くたぶん戦前のものでしょう。でも比較的奇麗でした。パテーベビー(9mm)ではなかったので値段は聞きませんでした。

2002.8.29
手に入れたときはこんな状態
最近リサイクルショップで買ってきたSONY ICF−5800です。私の集めているものの多くはリサイクルショップや古物屋やフリーマーケットで手に入れます。オークションは品物が豊富ですが、良いものは皆さんが欲しがり結果的に高値になってしまいます。万年金欠病の私には、とても買えません。でも場合によってはオークションの方が安い場合がありますので一概には言えません。欲しい物を見つけたときは、手にとっていろいろ見られるので自分なりに納得して買えます。損しても自分が悪いのであきらめもつきます。希にめずらしいものを見つけた時は嬉しいですね。このICF−5800は買ってきたときのままです。汚いですね。泥汚れやホコリがすごい!でも大きな傷はなく今のところ動作良好。
 無造作に箱に投げ込まれているものを見つけたとき、店の主人に「これいくら?」と聞くと「うーん、まだテストしてないんだよ・・・、これは人気があるからな。・・・・」しばし沈黙の後、「現状で良ければ2000円でいいや」とのお言葉でした。


2002.8.27
階段箪笥見つけた。

近年作られたと思われる、階段箪笥を入手しました。1枚板ではなく、 張り合わせの木(木目がきれいなのでケヤキでしょうか?)が使われています。引き手の金具も壊れていました。木目がとてもきれいでちょっと見るといい雰囲気です。作りも意外としっかりできています。なんと言っても値段が安かったので買ってきました。ちょっとした小物を入れるのに最適です。引き手の金具はホームセンターに「箪笥カン」と言う名前で売られていました。亜鉛ダイカスト製1つ148円。大きさも3種類ありぴったりのものを買ってきました。1つだけ交換すると格好が悪くなるので裏表全部で4個交換しました。元々付いていたものは鉄の鋳物だと思います。力を入れるとすぐ折れてしまいます。裏表どちらからでも引き出せたり扉が開くようになっています。昔のラジオや扇風機と一緒に置くと雰囲気が合うと思うのですが・・・・?安物でも使い方で生活が楽しくなります。

2002.8.25
久しぶりに東京の秋葉原へ遊びに行ってきました。ラジオ修理に使う部品を買ったり、何かおもしろいものは、無いかといろいろ見てきました。日曜日なのに休んでいる店が多く、私がいつも行っている所は休みでした。
最近の秋葉原はジャンクを売っている店が少なくなってきています。その代わりホビー関係の店(フィギュアや本や模型など)を扱う店が増えてきているように私は感じました。私がはじめて秋葉原へ行ったのは31〜32年くらい前ですから変わって当然ですが少し寂しいです。今日は1:3の低周波トランス、チョークトランス30H、出力トランス、真空管、500KA型ボリュームなどを買ってきました。変わったマジックアイ(1629)もついでに手に入れました。

2002.8.24 
夕方、今まで行ったことのない、リサイクルショップに立ち寄りました。「何かおもしろいものはあるかな?」とあちこち探してると、隅の方になにやら怪しげなものがたくさん並んでいました。昔の雑誌や古民具。まずは、ちょっと見ると江戸期代の古い時計。でも、歯車から文字盤の針までプラスチックです。もう1つは古い小さな木箱。中を見ると、何やらとても古い機械が・・・。付いていた小さなクランクを動かしてみると、歯車が木製の車輪のようなものにかみ合いながら動きます。これはめずらしので「買うかな?」と定価を見ると1000円です。お店の人がいたのでこれ何に使うんですか?と聞くと。「昔のオルゴールのようなものかもしれません。部品が足りないんですが。」と教えてくれました。今までこんなの見たことありませでした。いつ頃のものでしょうか?大正か明治頃でしょうか?不明です。結局部品が足りないので買ってきませんでした。お店の方ごめんなさい。蓄音機も2つありました。どちらも修理をすれば使えるようになるものでした。