蓄音機

はじめは蓄音機の構造を知りたくて、壊れたものを買ってきて調べるつもりでした。壊れていない完動品の蓄音機は値段も高く私には買えないので、ゼンマイの切れたものや動かないものを買って修理しています。したがって、価値のあるものはありません。

イーグル蓄音機 NIPPONOLA TOKUSE

イーグル蓄音機

イーグル蓄音機 昭和の初め頃のものでしょうか?製造年代はよくわかりません。私がはじめて蓄音機を手にして内部の構造を見たものです。ゼンマイ切れで壊れて鳴らないので4300円で買えました。ゼンマイの途中で切れることはあまりないので、きっと巻きはじめの部分が切れているのだろうと思い、早速内部を見てみると、確かに2つあるうちの1つのゼンマイが切れていました。切れた部分はやはり巻きはじめの部分でした。ガスバーナーとヤスリとドリルを持ち出して、早速切れている部分を切断。ガスバーナーで焼き鈍し。ドリルで固定用の穴を開け、無事修理。ゼンマイが10cm程短くなりましたが。どうにか回転するようになりました。次にガバナーの調整で苦労しました。なかなか安定した適正のスピードがでなくて調整に半日かかり。どうにかこれも無事終わりました。次に、サウンドボックスの調整。アームに固定するゴムの劣化があり空気がそこから漏れてしまうので、新しいゴムで直し、その他も少し調整。これで完成。ここまで来るの3日かかりました。はじめて「蓄音機の音を聞いてみよう!」とSPレコードをかけると、電気も使わないのに、なんと大きな音が出るのでしょう。びっくりしました。音は今のものに比べると音域も狭く低音は出ませんが。とても味のある音で鳴り気に入ってしまいました。ボディーの状態は良く、音の出る部分は絹の布が貼ってあります。内部のホーンは金属製です。

NIPPONOLA

 NIPPONOLAと書かれた蓄音機。日本コロンビアの前身でしょうか?これは前のものより少し古そうです。とても重くしっかりとしたつくりです。これも壊れていてゼンマイを巻いても引っかからず戻ってしまいました。サウンドボックスは良好で大丈夫でした。ターンテーブルのフェルトはだいぶ汚れて痛んでいます。音の出る開口部は右側のツマミを回すとブラインドのように閉まったり開いたりします。この部分は壊れていたので修理しました。肝心のゼンマイを巻いたときに逆戻りしないようにする機構の部分は、ハンドルを外すのに苦労(ハンドル内のネジがさびて回しても取れない状態でしたのガスバーナーで暖めてから回して取りました。)しました。その後、戻りを止める部分の機構を修理して完成。あとは清掃だけしました。内部のホーンは木製です。

TOKUSEIポータブル蓄音機

TOKUSEIポータブル蓄音機 製造年代不明 見つけたときにはサウンドボックスが外れていて、あちこちだいぶ錆びている状態でした。お店の主人が「これ(サウンドボックス)が外れているだけだよ」と教えてくれました。だれも買いそうもないので買ってきました。分解してみるとゼンマイモーターの動きが悪く適正のスピードが出ません。歯車などが昔のグリスで硬くなっていたので、石油(白灯油がよいと聞くが高価なので)で洗い流して乾燥させました。シリコングリスをつけ、ガバナーの調整をして、ようやく適正のスピードで回るようになりました。あちこちの錆をとして清掃を行い、サウンドボックスを取り付け完成。しっかりと音がでるようになりました。

がらくた蓄音機が、まだいくつかありますのでいずれ修理して内部も公開します。
SPレコードも良いものはなかなか見つかりませが、いくつか集めてみました。余裕があったら紹介します。