東芝受信機41型

2003.10.20
東芝受信機41型(トランスレス3球)

昭和15年頃に発売された東芝受信機41型(トランスレス 3球)です。このラジオなにやら珍しいチューニングダイアルが付いています。デザインは至ってシンプルで高級感はありませんが珍しい(私にとってはですが・・・)。縦型でしかもトランスレス、なんと言っても軽い!。それが「何故か?」は理由が・・・・。使用真空管は3つで、バラストランプが1つ。スピーカーはマグネチックSPです。キャビネットに大きな傷はなく経過した年数にしては綺麗です。裏蓋が有り、そこになにやら説明が書かれています。先日たくさん写真を撮ったので、内部や真空管の様子など少しずつ紹介していきます。このラジオ、私が下手に修理するよりは、清掃してこのままの状態で保管した方がいいのではないでしょいうか・・・・・?。などと考えています。次回また・・・

2003.10.21
東芝受信機41型No.2

ラジオ工房の掲示板よりこのラジオに関して貴重な情報をいただきました。珍しいラジオだったんですね。今日は内部の様子を少しだけ紹介します。入手したときには、この他に内部に金属の筒状のもの(たぶん一番右の真空管の上部の部分に付いていたものと、その他にわけのわからない「2つ穴の開いた木製で球状のもの」1つ、○に放マークに付いたマツダ58Aとマツダ2A5が転がっていました。これはこのラジオとは関係のないものでしょうが、これもいずれ写真を載せます。シャーシに付いている真空管はオリジナルのものでマツダ12Y−R1、12Z−P1、12X−K1、B−61です。では次回また・・・

2003.10.23
東芝受信機41型No.3

今日はラジオの軽いわけを紹介します。このラジオ何故か普通のラジオよりも軽い。そのわけはシャーシにあります。この時代のものは普通、薄い鉄板でできているものが多いのですが、このラジオのシャーシはベークライト?エボナイト?のような素材です。よく見ると真空管を差し込むソケット部分がシャーシと一体になっています。つまりシャーシそのものがソケットになっています。林氏の言われるように、このラジオは「ドイツの国民ラジオ」を原型に作られたんでしょう。そのため、形だけでなく作り方も似ていますね。このシャーシは木製のキャビネットの内側にシャシーの厚みの溝が切ってあり、その溝に沿わせてはめ込むように設計されています。また、写真のように普通金属のケースに入っているコンデンサーも紙に包まれています。、私には、できるだけ金属の使用を少なくしたように思えます。今日は、ここまで次回また・・・

2003.10.26
東芝受信機41型No.4

何かと忙しくて日記が書けませんでした。今日も東芝受信機41型です。今日は内部をじっくりとご覧ください。配線は大分痛んでいてオリジナルの状態と思われます。所々はずれている線もあります。同調コイルからバリコンへつながる配線もはずれています。確かケースの中に外れて落ちていました。真空管は刻印があり当時のマツダオリジナルです。真空管は後日写真を載せます。1つ首をかしげることがありました。コンデンサーとスピーカーにTELEVIANの文字があります。これ東芝ではなくて山中電機の商標では・・・?大企業の東芝が山中電機の部品を使っていたんでしょうか?不思議です。私には理解できません。ではまた次回・・・

2003.10.28
東芝受信機41型N0.5

今日は回路図と裏蓋の張り紙です。回路図はラジオのキャビネットの底に貼り付けてありました。だけどちぎれてしまい写真のような状態です。林氏から回路図など多くの資料を譲って頂いたり、内尾氏のホームページにも41型の情報を載せて頂きました。ありがとうございました。お陰様で回路図がちぎれていましたが、どうにか全体像をつかむことができました。回路図以外の写真は裏蓋に貼ってあります。発売元 「東京芝浦電機株式会社マツダ支社」 販売元 「マツダ販売会社」になっています。面白いですね。次回は真空管を載せます。

2003.10.30
東芝受信機41型No.6

東芝受信機41型の紹介として最後に真空管をご覧ください。マツダ12Y−R1、12Z−P1、12X−K1、B−61の4本です。それぞれマツダの刻印が入っていますので当時のオリジナルのものであると思われます。この中で珍しいのが12X−K1とB−61です。私もはじめて手にとって見ました。12X−K1はユニットが1つだけで何となくもったいないような気がします。どうせ作るのなら左右両方とも入れた方がいいともうのは素人考えでしょうか?林氏のホームページには24Z−K2の片側ユニットのみと解説があります。詳しくは林氏のホームページ「日本の古いラジオ」をみてください。その他の真空管は比較的一般的なものです。日本のトランスレスラジオの元祖ともいえる41型受信機を続けて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?珍しいと言うだけで飾りとしては今一つというところでしょうか?もっとデザインの良いものがたくさんヤフーのオークションに出品されてますので、骨董的価値はそちらの方が高いかもしれませんね。読んで頂きありがとうございました。

12X−K1(半波整流管)

12Y−R1(検波管)

12Z−P1(電力増幅管)

B−61(安定抵抗管)